自動車、輸送

自動車、輸送Creaformは、Renault、Chrysler、Bombardier Transport、Bombardier Recreational Products、Prevost Car、Nova Bus、Mack Truckなど多数のメーカー様とパートナーとしてご協力してきた経緯があるため、自動車産業と輸送産業の現場が直面するあらゆる課題を経験しています。 経験を積んだ社員を擁する弊社は、自動車産業と輸送産業のお客様に高品質の3Dエンジニアリングサービスとポータブル3D測定装置を提供でき、次のような用途に使用できます。

  • スタイリング、設計、およびリバースエンジニアリング
  • プロトタイピング
  • シミュレーション
  • 製造
  • 品質管理/検査
  • アフターマーケットの設計
トレーラー/ローダーの製品開発

トレーラー/ローダーの製品開発

Bercomac社のトレーラーのマストの構造最適化と設計 軽量構造で最大の荷重容量と性能を発揮する高性能材料の選定と組み立て。 コンセプトの改訂やプロトタイプ評価から最終デザインまでの完全なプロジェクト。

詳細を読む

リバースエンジニアリング - アフターマーケット

リバースエンジニアリング - アフターマーケット

自動車のアフターマーケット分野では、メーカーの部品から寸法を抽出する必要があります。 このプロセスは、ボディやサスペンションキット、エンジンコンポーネントその他のチューニングパーツなどのカスタムパーツを設計するのに役立ちます。 このような場合、部品の一般的な寸法、特に取り付け位置を正確に定義する必要があります。 さらに、ボディキットなどのドレスアップパーツは、車に素晴らしい外観を与えるために、オリジナルのデザインとマッチしている必要があります。 リバースエンジニアリングでの重要な手順は、正しい組立フィーチャーを持つ新しいデザインを作成するために、元の部品の寸法を正確かつ効率的に取得し、得られたスキャンから必要な情報を抽出することです。

詳細を読む

リバースエンジニアリング - シートのデザイン

リバースエンジニアリング - シートのデザイン

リバースエンジニアリングは、設計時に出発点として、実物部品を使用して既存の設計を分析・再現す るプロセスです。 これは、シートのプロトタイプからデザインの意図を抽出しようとするときや、競合製品の ベンチマークを行うときに、真に重要になります。 ここでの主な目標は、元のモデルの機能デザインに合 致する3Dモデル(この場合、たいていはエルゴノミクスモデル)を作成することでしょう。 シート製品は通常 自由形状をしていますが、その形状を正確かつ効率的に取得し、スキャンしたデータから、モデル全体、 またはその設計の特定の機能を反映した部分的なモデルを再現することは、リバースエンジニアリングに おける重要なステップです。

詳細を読む

リバースエンジニアリング - 車体のデザイン

リバースエンジニアリング - 車体のデザイン

リバースエンジニアリングは、設計時に出発点として、実物部品やモックアップを使用して既存の設計を分析・再現するプロセスで す。 これは、スーパーカーなどのハンドメイドのモデル、製造が中止された部品、または3Dモデル参照なしで作成された古いデザイ ン(レアモデルやプロトタイプ)から設計意図を抽出しようとするときに真に重要になります。 ここでの主な目標は、モデルの機能デザ インに合致する3Dモデル(通常、外観モデルや空力モデル)を作成することでしょう。 自動車のボディは通常自由形状をしています が、その形状を正確かつ効率的に取得し、スキャンしたデータからオリジナルの意図通りのモデルを再現すること、つまりオリジナルの ボディ形状を余すところなく再現したCADデータを作成することは、リバースエンジニアリングにおける重要なステップです。

詳細を読む

初回製品検査

初回製品検査

どのような製造プロセスでも、初めて製造された部品の検査は必要不可欠です。 一般的には、プロトタイプとしてこれらの部品を少量 生産し、設計図と寸法を比較したり、CADファイルと比較して、製造の精度を確認します。また、欠陥が見つかった場合はその原因を 特定します。

詳細を読む

初回製品検査

初回製品検査

初回製品検査は、ほとんどの製造プロセスで必要不可欠です。プロトタイプ部品は通常少量生産され、設計図と寸法を比較したり、CADファイルと比較して、製造の精度を確認します。また、欠陥が見つかった場合はその原因を特定します。

詳細を読む

初回製品検査 - Handyscan 3D

初回製品検査 - Handyscan 3D

どのような製造プロセスの開発でも、最初に製造された部品の検査は必要不可欠です。 一般には、プロト タイプを少量生産し、設計図やCADファイルと比較して検査することで、部品が正しい精度で製造されてい ることや、重大な欠陥の原因を正しく特定する必要があります。 自由形状の部品は、従来の測定方法を 使用して効率的かつ正確に測定できないため、検査が最も難しく、3Dのスキャニングソリューションを使用す る必要があります。

詳細を読む

工具のテストと調整

工具のテストと調整

新しい製造ラインの立ち上げ時には、期待される操業レベルを実現するために、予防保守の一環として、実際に製品がラインを流れる 前に、設計工具(成形金型、治具、ラック、プレスなど)を定期的に検査し、調整する必要があります。

詳細を読む

工具のテストと調整

工具のテストと調整

新しい製造ラインを立ち上げるとき、予防保守の作業のため、製造ドリフトの場合は、製造工具(成形金型、治具、フレーム、プレスなど)は、期待したレベルのパフォーマンスを実現するために定期的にテストおよび調整する必要があります。

詳細を読む

摩耗や変形の監視

摩耗や変形の監視

新しい製品のテスト段階では、多くの場合通常の使用時に発生するひずみや、集中テストによる摩耗を測定する必要がありま す。 このため、熱サイクル中の燃料タンクの変形、運転中のエキゾーストパイプの運動、エンジン取り付けブラケットの変形、衝突テ ストのひずみなどを測定することが必要になります。

詳細を読む

製品開発 - Volvo社のバス

製品開発 - Volvo社のバス

Creaformでは、現実的な動作温度で多数の材料を組み合わせた非常に複雑なアセンブリをFEAを用いて解析できます。 過酷な道路条件下のバス構造体の振る舞いはその一例です。

詳細を読む

製品開発 - Volvo社のバス座席

製品開発 - Volvo社のバス座席

バスの座席は一定の耐衝撃性規格を満たす必要があります。 弊社チームでは、現在の規格に適合する数多くの座席とシートベルト支持部品を設計してきました。 プロジェクトでは、機械設計の高度な専門技術を利用し、FEAを用いて構造解析を行っています。

詳細を読む

製品開発 - 自動車リフト

製品開発 - 自動車リフト

Prévost Car社では、塗装室の中で自動車を移動する手段を必要としていました。 環境汚染を防止するため、これらの自動車を単純に運転することはできません。 したがって、非常に限られたスペースで自動車を持ち上げ移動する機器が設計されました。

詳細を読む

製品開発 - 軽量トレーラー

製品開発 - 軽量トレーラー

Safari Condo社の超軽量トレーラー設計のサポート。 軽量デザインとは、機械的な動作を最適化し、部品の重量を軽くしながら、同一以上の性能を発揮させることを意味します。 これには構造的な挙動の十分な理解が必要になります。そして多くの場合、最も優れたアプローチは、Creaformが得意とする有限要素解析を用いた包括的な構造解析です。

詳細を読む

製造コンプライアンスの検査

製造コンプライアンスの検査

製造ラインでは、すべての部品が三次元検査の対象になります。この検査には、系統的な手法かランダムサンプリングが使用され ます。 通常、検査の対象となるのは一部の重要なフィーチャーだけです。

詳細を読む