By continuing to use the site you agree to our privacy and cookie policy.

OK

Creaformが新製品を発表‐MetraSCAN 3D光学CMMの製品ラインアップを強化

2012年4月30日

2012年5月1日レヴィ、ケベック州、カナダ‐3Dポータブル光学測定技術と3D技術サービスで業界最大手のCreaform社は、精度が要求される品質管理や多様なリバースエンジニアリング用途において、3D測定スキャナーの中でも最も高精度のMetraSCAN 3D光学CMMスキャナーの新製品を発表致しました。

MetraSCAN 3D光学CMMスキャナー
MetraSCAN 3Dスキャナーは、研究施設であろうと工場で使用されようとも、今日市販されている三次元測定機の中で最も高精度なスキャニングソリューションです。Creaform社の他の測定製品同様、MetraSCANは容易に使えて覚えることができ、短時間での測定機のセッティングが可能です。Creaform社のTRUaccuracyテクノロジーを採用する事で、測定環境(場所や振動など)や使用者の習熟度に関係なく、MetraSCAN 3Dは三次元表面を高精度で測定することを可能にします。 MetraSCAN 3D 光学CMMスキャナーとHandyPROBEアームレスCMMの連携で、点と面の両方を包括的に測定することが可能なシステムが構築でき、かつ、同システムを使って幾何学形状や自由形状の検査が可能となります。

What’s New
今後は、MetraSCAN 3Dスキャナーは下記の2タイプとなります。
- MetraSCAN 70は、高解像度に焦点をあてた製品です。板金部品や機械加工品の検査など、幾何学形状の定義が要となる対象物に最適です。

- MetraSCAN 210は、測定速さに焦点をあてた製品です。広範なスキャンサーフェスを特長とし、精度を損なうことなく、高速な測定を可能にします。 スタンドオフと被写界深度の向上により、スキャンの柔軟性が高まります。 表面の大きな計測や大規模なリバースエンジニアリングに最適です。

- 上記の両製品には、精度的な違いはありません。また、両製品とも新しく軽量化されたカーボンを本体に使用しております。

「今回のMetraSCAN の新製品を導入することによって、品質管理やリバースエンジニアリングにおけるお客様のニーズによりお応えすることが出来ると思います」と、Creaform社の製品ディレクターであるJean-Francois Larue氏は述べています。「2010年にMetraSCANの第一世代を発表したのですが、その後に入手した技術のノウハウを新製品に導入しました。現在市販されている測定システムの中で、信頼性、測定のプロセスにおけるスピードや多用途性を考えますと、MetraSCAN 3Dスキャナーが最高だと思います。」(同氏)

新製品はドイツのシュトゥットガルトで、5月8日から11日まで開催されるControl展示会において、初公開されることになっております。(ホール5、ブース5108となります。)

Creaform社について
Creaform社は、携帯型3D光学計測技術と3D技術サービスを専門分野とし、3Dスキャニング、リバースエンジニアリング、検査、デザイン&エンジニアリングとFEA(Finite Element Analysis:有限要素解析)を含む3Dアプリケーション全般を対象に、画期的な技術及びサービスをお客様へご提供しております。

Creaform社のサービスは、自動車業界、航空宇宙業界・軍需産業、消費財産業、教育産業、遺産保護、製造業、医療業界そしてマルチメディア業界等に幅広い商品ラインナップで対応しております。 Creaform社は、携帯型のセルフポジショニングハンドヘルド3Dスキャナーの「Handyscan3D」、携帯型アームレスCMM(Coordinate Measuring Machine:三次元座標測定機)の「HandyPROBE」、光学CMM3Dスキャナーの「MetraSCAN」。また、フォトグラメトリーが可能な「MaxSHOT 3D」光学式座標測定システムの発売も開始致しました。更には、「Creaform 3D Body Digitizers」を開発、販売しております。

Creaform社は、2011年に$37.5百万カナダドルの売上を達成しました。現在、世界中で300人超の従業員が勤務しており、ケベック(カナダ)、モントリオール(カナダ)、アメリカ、フランス、ドイツ、中国、インドと日本にオフィスを構える国際的企業です。その内、ケベックにある本社が2011年11月にISO9001:2008 の認証を取得致しました。

 

 

 

連絡先:
織田 源太
カントリーマネージャー
Tel. 045.534.3728
ISS-Japan@creaform3d.com
www.creaform3d.com