By continuing to use the site you agree to our privacy and cookie policy.

OK

Creaform、Pipecheck 4.0をリリース、新ウィザードで使いやすさを追求

Pipecheck_4.0

2016年10月12日

Pipecheck最新バージョン、すべての非破壊検査(NDT)技術者とユーザーに

比類なきユーザビリティを提供

 

ポータブル3D測定ソリューションエンジニアリングサービスの分野で世界をリードするCreaformは、本日、PipecheckTM 4.0の近日リリースについて発表しました。 この最新リリースでは、石油やガスなどのパイプラインをNDTにて健全性を評価する事が可能なソフトウェアPipecheckのインターフェースを大幅に向上し、どの専門カテゴリーの技術者にも有益で最高のユーザビリティを提供します。評価ワークフローのどの段階においても、初級レベルから熟練者まであらゆるユーザーがPipecheck 4.0の利点を実感することができます。

 

Pipecheck 4.0には、以下を可能にする簡単なPipecheckウィザードを搭載しています。

  •  Pipecheck 4.0では、健全性評価におけるワークフローを事前に構成することや、カスタムメイドの簡略化ワークフローの保存が可能です。
  • 上記ワークフローに基づき、ユーザーが評価したい腐食および機械的損傷部分の評価手順をソフトウェア内でガイドします。
  • パラメータを詳細に示し、現在実行中のユーザーの手順を丁寧に説明する事でよりユーザーフレンドリーなインターフェースとしました。
  • Pipecheckの最適な活用方法や、素早く精度の高い結果を生成するための秘訣を紹介しています。

 

エンジニアや専門家の習熟曲線やトレーニング時間の短縮に寄与するPipecheck 4.0は、基幹ソリューションとしてNDTニーズに迅速に対応します。

 

Creaformの製品マネージャーであるジェローム・アレクサンドル・ラヴォワ(Jérôme-Alexandre Lavoie)は、次のように述べています。「Pipecheckは、パイプラインの腐食および機械的損傷の解析・評価における三次元測定のスピード、精度、柔軟性において、業界内で高評価を受けています。今回、Creaformは新たに高い基準のユーザビリティを導入しました。Pipecheck 4.0は、NDTサービス企業がどのような現場での検査でも、パイプの欠陥検出や特性評価において依存できる、非常にユーザビリティの高いソフトウェアモジュールです。Creaformは、石油やガスなどのパイプラインの安全性や健全性追求の意思決定に必要となる重要な情報収集をサポートします」

 

Pipecheck 4.0のご注文受付は近日開始予定です。最新バージョンを直接ご覧いただくには、こちらから登録して11月15日または17日に行われるウェビナーにご参加ください。