By continuing to use the site you agree to our privacy and cookie policy.

I agree

Nova Busにおける車体後部の検査:Creaform HandyPROBEポータブルCMMが活躍!

Nova Busにおける車体後部の検査:Creaform HandyPROBEポータブルCMMが活躍!

このプロジェクトで重要な役割を果たしたのは、ポータブル3D測定製品の開発/製造と3Dエンジニアリングサービスの専門企業、Creaformでした。 顧客は北米市場における都市バスの主要メーカー、Nova Busです。

プロジェクト

本プロジェクトは、車体後部の実際の状態を検査し、ラジエーターの取付口と比較するというものでした。 さらに、取り付け段階で発生する車体変形の度合いを評価します。

Nova Busが求めていたのは、同社のプロセスとシームレスに統合可能な、信頼性の高い効率的な計測ソリューションでした。 バスは同社のサイトの組立ラインで直接検査する必要があり、より安定した測定システムを構築するという課題が生じました。 この要件により、レーザートラッカーやデジタル測定アームなど、動きや振動、温度変化に過敏なシステムは除外されました。 さらに、このプロジェクトを一層厄介にする問題がいくつかありました。たとえば、バスの屋根の特定範囲を測定する必要があるため、検査はリフト台を使って地面より上で行う必要がありました。 また、測定中は組立ラインを停止する必要がありました。

以上により、ポータブルかつコンパクトで(検査の実施が可能な場所がリフト台の上しかなかったため)、最速でデータを取得(組立ラインのダウンタイムを最小限に抑えるため)できる測定装置を選択する必要がありました。

TRUaccuracyテクノロジーとCreaformのダイナミック測定機能

このプロジェクトに特有のすべての要件を検討したうえで、計測技術者とアプリケーションエンジニアで構成されたCreaformチームは、HandyPROBEポータブルアームレスCMMとMetraSCAN 70ポータブル光学式CMMスキャナーを備えたシステムの使用をNova Busに提案しました。その理由は、ダイナミック測定の使用のメリットが明らかであったためです。 この重要な機能により、振動や変化の大きい環境であっても、精度に悪影響をまったく与えることなく、バスの車体を組立ラインで直接測定することが可能になります。

同様に、ダイナミックレファレンスモードにより、測定する対象物に座標系を直接ロックして、プロービングおよびスキャンプロセス全体で対象物の配置を維持することもできます。

主要ステップ:バスの車体後部の検査

  1. 要件(全般および局部のレファレンスシステム、検査対象のサーフェス、結果の出力形式)の定義
  2. 組立ラインでの車両への測定システムの取り付け(操業時間以外に実施)
  3. HandyPROBEポータブルCMMおよびMetraSCAN 70光学式CMMスキャナーでの測定
  4. 5台の車両について測定プロセスを繰り返し実施
  5. 次の3つのステップでデータを分析
    1. ラジエーターの取付口の穴のパターンについて変化を分析(ASME Y-14.5M基準に従って、相対局所許容誤差[FRTZF]を分析)します。
    2. 比色分析により、ラジエーターの取付口に沿って車体後部の幾何学的変化を評価します(ラジエーターの取付口のみで調整したCADモデルを使用)。
    3. 比色分析により、取り付けられた後部車体の歪みを理論的な形状と比較して評価します。ただし、ラジエーターの取付口への影響は考慮しません(車体後部のCADモデルを利用した局所配列)。

このケースでは、Creaformのテクノロジーによって、Nova Busは検査フェーズ(スキャンおよびデータ処理を含む)をわずか2週間で完了することができました。 同社は事前に設定されたプロジェクトの期限を守り、測定によって遅れが生じることなく生産を続けることができました。

Nova Busによれば、「Creaformのテクノロジーは効率性、高速処理、多様性、柔軟性に優れていることを実証しました。 さらに、Creaformの専門知識によって、応答時間の最適化が可能になり、成果物(測定および比色分析レポート)は非常に満足のいくものでした。 また、実際のニーズを特定する大きな助けとなったCreaformチームのサポートや可用性も特筆に値します」ということです。

Nova Busにおける車体後部の検査

Nova Busにおける車体後部の検査