By continuing to use the site you agree to our privacy and cookie policy.

OK

発電とエネルギーにおけるフェーズドアレイ(PA)検査の3Dモデリング

Power generation

発電機の部品および本体は、劣化のレベルと残りの運転可能年数を評価するために検査する必要があります。電力会社は、複雑な部品を検査するという高まり続ける課題に直面しています。これらの部品は、非常に複雑な構造体の一部となっており、検査のために「取り外し」を行うことができません。この問題を解決するために、業界は通常、フェーズドアレイ検査という手法を利用しています。

フェーズドアレイ検査およびイメージング(PA)とは、超音波試験(UT)という高度な方法であり、NDT検査において使用されます。検査結果の予測、プロービングとウェッジ設定の最適化のために、フェーズドアレイのフォーカルロウシミュレーションが使用されます。2Dマトリックスを使用して複雑な形状の部品を検査する作業は困難です。より優れた解決方法がない場合では、3Dモデルは通常、CADファイルまたは論理的なモデル構成から作成されることになります。ただし、実際の部品の形状はしばしば、理想的な論理モデルとは大きく違っているため、超音波スキャンの品質と検出の可能性は低下します。

Creaformの非破壊ソリューションは、発電とエネルギーの業界に対応しており、3Dスキャンのデータ取得能力とフェーズドアレイ検査を組み合わせることで、オペレーターや検査エンジニアが保全管理の決断を行う際に必要となる十分な情報を提供しています。

類似の用途

3Dスキャナーを活用したタービンコンポーネントの分析

目的が発電用タービンコンポーネントの検査、修理、変更のいずれであっても、コンポーネントに近寄ることと安定した測定セットアップが課題であることに変わりはありません。 動翼、静翼、ケーシングのように測定を必要とするコンポーネントは、常に近寄りにくい狭い場所にあります。 目的のコンポーネントを高精度で完全に測定するには、対象物上でのレファレンス機能を備えた3Dスキャナーを使用する必要があります。 その機能があれば、測定対象物が不安定な環境に設置されていても精度に影響しません。 この方式で生成された3Dスキャンは、タービンコンポーネントの完全な3D表現に必要な測定密度を提供します。

3Dスキャナーによる工具のテストと調整 その2

新しい製造ラインを立ち上げるとき、予防保守の作業のため、製造ドリフトの場合は、設計工具(成形金型、治具、フレーム、プレスなど)は、期待したレベルのパフォーマンスを実現するために定期的にテストおよび調整する必要があります。

弊社のソリューションについてより詳しくお知りになりたい場合

具体的な質問がある場合、専門家のアドバイスが必要な場合は、いつでもお気軽にお問い合わせください。