By continuing to use the site you agree to our privacy and cookie policy.

I agree

3Dスキャナーを活用したタービンコンポーネントの分析

この業界に特有のニーズ

目的が発電用タービンコンポーネントの検査、修理、変更のいずれであっても、コンポーネントに近寄ることと安定した測定セットアップが課題であることに変わりはありません。 動翼、静翼、ケーシングのように測定を必要とするコンポーネントは、常に近寄りにくい狭い場所にあります。 目的のコンポーネントを高精度で完全に測定するには、対象物上でのレファレンス機能を備えた3Dスキャナーを使用する必要があります。 その機能があれば、測定対象物が不安定な環境に設置されていても精度に影響しません。 この方式で生成された3Dスキャンは、タービンコンポーネントの完全な3D表現に必要な測定密度を提供します。

HandySCAN 3Dソリューションの利点

タービンコンポーネントの分析ではさまざまな形状と複雑さを持つ部品の寸法を取る必要がありますが、この計測は不安定な環境で行えることが求められる可能性があります。 また、測定対象物は多くの場合、近寄りにくい場所にあります。 優れた携帯性と対象物上でのレファレンス機能を備えた小型なHandySCAN 3Dは、スキャンをらせん型のケース内で直接実行する必要がある場合でも、タービンの設置場所で直接計測できます。

タービンコンポーネントの品質は正常運転の確保には不可欠なため、取得したデータが正確で、状況の評価や完全な3D表現の作成に必要なすべての情報を保持している必要があります。 HandySCAN 3Dスキャナーは、高精度なメッシュモデルを提供するため、そのような目的に最適です。

HandySCAN 3Dソリューションは、従来の測定方法と比較して時間を大幅に節約することが可能です。 分析に必要な寸法が短時間で測定でき、設計者がすぐに利用できます。