By continuing to use the site you agree to our privacy and cookie policy.

I agree

3DスキャンデータとCADデータによる比較検査

3DスキャンデータとCADデータの比較検査

この業界に特有のニーズ

製造ラインでは、すべての部品が3Dスキャン検査の対象になります。この検査には、系統的な手法かランダムサンプリングが使用されます。 一般に、航空宇宙分野では、品質管理が非常に広範にわたり、とりわけ自由形状や複雑な形状の場合は、比較ポイントの密なサンプリングが必要です。 測定対象物とCADデータの3D偏差は、カラーマップとユーザー定義比較ポイントを使用して、3Dスキャナーのすべての測定値に基づいて分析できます。 スキャナーの高密度データを使用することで、検査担当者は測定対象物のすべてのサーフェスの完全な検査を簡単に可視化してテキスト化することができます。

HandySCAN 3Dソリューションの利点

航空宇宙業界における測定対象物とCADデータの比較検査ではさまざまな形状と複雑さを持つ部品の寸法を測る必要がありますが、この計測はあらゆる環境で行えることが求められる可能性があります。 HandySCAN 3Dのハンディーな携帯性によって、計測ラボで直接計測するだけでなく、お客様の施設、作業場、サプライヤーの工場でも計測できます。

品質検査の担当者は、デジタルモデルを使用して実際の部品を評価することを望んでいます。 そのためには、取得データが正確でなければならず、3Dモデルが検査に必要なすべての情報を保持している必要があります。 HandySCAN 3Dスキャナーは、高精度なメッシュモデルを生成するので、その目的に最適です。

HandySCAN 3Dソリューションは、従来の測定方法と比較して時間を大幅に節約することが可能です。 検査プロセスに必要な寸法が短時間で測定でき、検査担当者がすぐに利用できます。