By continuing to use the site you agree to our privacy and cookie policy.

I agree

3Dスキャナーによる工具のテストと調整

3Dスキャナーによる工具のテストと調整

この業界に特有のニーズ

新しい製造ラインの立ち上げ時には、期待される操業レベルを実現するために、予防保守の一環として、実際に製品がラインを流れる 前に 設計工具(成形金型、治具、ラック、プレスなど)を定期的に検査し、調整する必要があります。

 

 

HandyPROBEソリューションの利点

動的調整の機能により、工場環境での測定における信頼性が大幅に向上するだけでなく、あらかじめ決められた位置にリフ レクタを配置しておくことで、位置決めと調整を自動化できます。 これにより、調整時間や検査時間が2分の1以下に短縮さ れます。

大きな部品には、HandyPROBEの測定範囲拡大機能が特に便利です。 正確さがきわめて重要な場合 は、装置上のあらかじめ定期的(たとえば1年単位)にレーザートラッカーで測定しておいた場所にリフレクタを 配置することで、HandyPROBEを、トラッカー精度で再調整させることができます。

CogemouleDuqueineSeroma