By continuing to use the site you agree to our privacy and cookie policy.

OK

3Dスキャナーによる工具のテストと調整 その2

MetraSCAN 3Dソリューションの利点

新しい製造ラインを立ち上げるとき、予防保守の作業のため、製造ドリフトの場合は、設計工具(成形金型、治具、フレーム、プレスなど)は、期待したレベルのパフォーマンスを実現するために定期的にテストおよび調整する必要があります。

3Dスキャナーを活用した工具のテストと調整
3Dスキャナーを活用した工具のテストと調整
3Dスキャナーを活用した工具のテストと調整
3Dスキャナーを活用した工具のテストと調整

動的整列機能により、工場できわめて信頼できる測定を実施できます。 加えて、工具を使用した自動補正は、工具の事前に定義された場所にある数台のリフレクタを使用して実行可能です。 したがって、テストフェーズまたは調整フェーズを直ちに始めることができます。

このような利点から、MetraSCAN 3Dは非常に使いやすく、効率的に、射出プレス成型または溶接ジグ、およびテスト射出または描画成型、ドリルジグ、RTM合成成型を行うことができます。 結果として、調整およびテストは、2倍以上の速さで行うことができます。

不完全な形状を、この高い性能のスキャナにより、高解像度で分析し、詳細に分析し、偏差を解析できます。 一方、いくつかのタイプの幾何学的要素により、プローブを使用して非常にすばやく測定できます。

より大きな工具については、MetraSCAN 3Dの容積拡大機能が特に有用であるという実績があります。 高い精度の測定を実施するときは、工具上であらかじめ(たとえば1年単位など定期的に)レーザートラッカーで測定しておいた場所にリフレクタを配置することで、MetraSCAN 3Dを、トラッカー精度に従って再調整させることができます。

類似の用途

航空宇宙におけるフェーズドアレイ(PA)検査の3Dモデリング

乗客の安全および機器の適切なメンテナンスを確立するためには、航空機の部品や構造における、衝撃による表面の損傷を検査する必要があります。

3Dスキャナーを活用した製造ラインの構築支援

複雑で重要な製造プロセスでは、製造プロセスを通じていつでも各部品の相対的な位置を確認できることが重要です。

3Dスキャナーを活用したあられ・ひょうによるダメージの評価

航空機において、あられ・ひょうによるダメージの空気力学的な影響は複雑な要素であり、検証は困難です。しかしながら、正確に測定できるかどうかは、安全性を向上するうえで極めて重要な事項です。損傷の形状やサイズは、暴風雨の激しさによって変化します。したがって、損傷具合を分析する最も一般的な方法は、旅客機の表面で見つかった各くぼみの長さや幅、奥行きを幾何学的に測定する方法です。

弊社のソリューションについてより詳しくお知りになりたい場合

具体的な質問がある場合、専門家のアドバイスが必要な場合は、いつでもお気軽にお問い合わせください。