By continuing to use the site you agree to our privacy and cookie policy.

OK

航空宇宙におけるフェーズドアレイ(PA)検査の3Dモデリング

フェーズドアレイ検査の3Dモデリングその1

乗客の安全および機器の適切なメンテナンスを確立するためには、航空機の部品や構造における、衝撃による表面の損傷を検査する必要があります。航空機メーカーや航空会社は、航空タービン、エンジン室、積荷室、 コックピットなど、航空宇宙産業における複雑な部品を検査するという課題に直面しています。これらの部品すべては、非常に入り組んだ構造体の一部となっており、検査のために取り外すことはできません。

フェーズドアレイ検査およびイメージング(PA)とは、NDT検査において使用される超音波試験(UT)という高度な手法です。検査結果の予測、およびプロービングとウェッジ設定の最適化のために、フェーズドアレイの フォーカルロウシミュレーションが使用されます。2Dマトリックスを使用して複雑な形状の部品を検査する作業は困難です。より優れたソリューションがない場合には、3Dモデルは通常、CADファイルまたは論理的なモデル構成から作成されることになります。ただし、実際の部品の形状は理想的な論理モデルと大きく異なる事が多いため、超音波スキャンの品質と検出率は低下します。

複雑なジオメトリを持つ宇宙航空産業の部品においては、3Dモデリングと フェーズドアレイ検査の統合により、損傷を高精度に示すことができます。CreaformのNDT機器で取得した3Dスキャンデータは、フェーズドアレイ超音波試験に必要な位置情報およびサイズ情報をメンテナンスチームに提供します。このデータは、適切なメンテナンス・修理・オーバー ホール(MRO)の計画を判断するうえで不可欠です。

類似の用途

メンテナンス業務における3Dスキャナーの活用

反応装置とタービンは、通常、定期的なメンテナンスを受けなければならない高価で必須の装置です。 このような装置の高いコストは、ときには複雑な、劣化などの問題に対する修理を正当化します。 必要な修理を特定するには、摩耗による素材の曲がりやロスを正確に測定します。 そして、修理の準拠性を確認できます。

3Dスキャナーを活用したあられ・ひょうによるダメージの評価

航空機において、あられ・ひょうによるダメージの空気力学的な影響は複雑な要素であり、検証は困難です。しかしながら、正確に測定できるかどうかは、安全性を向上するうえで極めて重要な事項です。損傷の形状やサイズは、暴風雨の激しさによって変化します。したがって、損傷具合を分析する最も一般的な方法は、旅客機の表面で見つかった各くぼみの長さや幅、奥行きを幾何学的に測定する方法です。

弊社のソリューションについてより詳しくお知りになりたい場合

具体的な質問がある場合、専門家のアドバイスが必要な場合は、いつでもお気軽にお問い合わせください。