By continuing to use the site you agree to our privacy and cookie policy.

OK

3Dスキャナーを利用したオーダーメードシューズの制作

この業界に特有のニーズ

現在、地球の人口は70億人以上といわれていますが、ひとりとして全く同じ人間はいません。 私たちがお互いに違っているように、足にも個人差があります。 靴職人は多くの人に合う靴をデザインすることに最善を尽くしていますが、誰にでも完璧に合う靴をデザインするのは不可能です。 特定の人に完璧に合う靴を作る場合、理想的には、正確な足のレプリカから厳密な寸法を取る必要があります。 3Dスキャンソリューションは、足の厳密なバーチャルレプリカを作成するための迅速、正確、効率的なツールです。さらに、CAD/CAM製造方式の入り口にもなります。

Handyscan 3Dソリューションの利点

人体を直接スキャンするには、シンプルで使いやすく、短時間で、正確な技術が必要とされます。Handyscan 3Dテクノロジーはまさにそのような目的で設計されています。 生成された3Dデータファイルを使用すると、寸法を採取し、必要に応じてバーチャルな修正を行い、製作用のCNCマシンに直接送信することができます。

また、生成された3Dデータファイルはインターネット経由で簡単かつ安全に転送できるため、遠隔地にあるスキャン拠点が装具の製作に最適な1つの場所にファイルを送付すれば、CNCマシンなどを最大限に活用できます。 取得した3Dデータは将来使用できるようにハードドライブにも保存でき、倉庫を使用しなくて済みます。

Handyscan 3Dテクノロジーは携帯性にも非常に優れており、技術者は必要な場合に現場にスキャナーを持参してスキャンを実行することができます。

類似の用途

3Dスキャナーを活用した頭蓋骨矯正用の装具の制作

生後数ヵ月のうちに、不幸にも頭の一部が扁平になる斜頭症になってしまう子供がいます。 この症状は一般的には良性と見なされますが、乳児のうちにすぐに治療しなければ一生治りません。 症状を改善するためには、技術者が装具を作成して、乳児の頭を徐々に矯正して元のあるべき形状に戻す必要があります。 その際には正確な3D測定データを取得して、頭蓋矯正用の装具のカスタム鋳造に使用できるように、乳児の頭を測定する必要があります。 乳児はこの装具を毎日長時間装着しなければならず、治療中は矯正の進捗状況が監視され、必要に応じて修正措置が取られます。

弊社のソリューションについてより詳しくお知りになりたい場合

具体的な質問がある場合、専門家のアドバイスが必要な場合は、いつでもお気軽にお問い合わせください。