By continuing to use the site you agree to our privacy and cookie policy.

OK

3Dスキャナーを活用した貯蔵タンクの検査

環境に対する社会的な関心が高まっており、環境、健康、安全性への取り組みについて、石油会社に対するプレッシャーが高まりつつあります。これまで貯蔵タンクの検査は時間がかかる作業でしたが、現在では、石油会社は3Dスキャンテクノロジーを利用して、社会的な関心に対応できるようになっています。

ヒューマンエラーのリスクを低減させ、測定の信頼性を確保するには、従来の手動による検査方法の代替として幅広い3Dスキャンを行うことができます。高精度のレーザースキャンテクノロジーは、以下を含む幅広い用途において、3次元での測定を取得するために使用されます。

  • 貯蔵タンクの配置状況:重力作用下における床の形や角度を評価することで、貯蔵タンクの適切な方向を判断します。これは、底面の詳細情報、垂直面の詳細情報、円周の詳細情報を取得して貯蔵タンク検査レポfートを生成するためにCreaformのNDT検査ソリューション を用いて実現することができます。
  • ストラッピング点検記録表:これらは、貯蔵タンクの量を想定するために使用されます。貯蔵タンクの合計量は、ストラッピング点検記録表によって、全体的な量に関連した貯蔵タンクの高さを確立することが可能なレイヤーで分けられます。
  • 容器の溝の容量の計算:これらは、漏れが発生した際に貯留池が、合計貯蔵タンクの容量の80%を含むのに十分な広さであるかを検証するために使用されます。

CreaformのNDT試験ソリューションや包括的な計測サービスは貯蔵タンクの配置から容器の溝の量の計算に対するタンクのストライピング点検まで、あらゆる3Dスキャンプロジェクトの施行を支援することができます。これらは、必要なとき、必要な場所で、正確性および効率性を確保します。

3Dスキャナーを活用した貯蔵タンクの検査
3Dスキャナーを活用した貯蔵タンクの検査
3Dスキャナーを活用した貯蔵タンクの検査
3Dスキャナーを活用した貯蔵タンクの検査
3Dスキャナーを活用した貯蔵タンクの検査

類似の用途

3Dスキャナーを活用したパイプラインのインライン検査

パイプラインの運用会社は常に、公共の安全を保証するため義務付けられた検査の実施と、掘削した箇所が結局は修理が不要な場合の経済的影響との板挟みに悩まされています。

3Dスキャナーを活用したパイプライン腐食評価 - ASME B31G準拠

Operating and maintaining safe and reliable pipeline circuits is fundamental in the pipeline industry.

弊社のソリューションについてより詳しくお知りになりたい場合

具体的な質問がある場合、専門家のアドバイスが必要な場合は、いつでもお気軽にお問い合わせください。