By continuing to use the site you agree to our privacy and cookie policy.

OK

3Dスキャナーを活用した未加工の鋳造 / 鍛造の検査

この業界に特有のニーズ

鋳造や鍛造では通常、未加工の部品はいくつかの重要な工程で機械加工されて、最終部品となります。 未加工の鋳造が機械加工するのに十分な材料を保持するように、寸法検査を実行することが可能です。 3Dスキャンでは、機械上に未加工の部品を配置して方向づけし、作業に十分な材料が供給されるようにすることが可能です。

このような検査では、機械加工する部品の中間検査結果も生成され、未対応の鋳造物や鍛造物の機械加工を回避することで時間とコストを節約します。

3Dスキャニングソリューションは、完全な寸法検査を実行するための、すばやく、正確で、効率的なツールです。

3Dスキャナーを活用した未加工の鋳造 / 鍛造の検査
3Dスキャナーを活用した未加工の鋳造 / 鍛造の検査
3Dスキャナーを活用した未加工の鋳造 / 鍛造の検査
3Dスキャナーを活用した未加工の鋳造 / 鍛造の検査

HandySCAN 3Dソリューションの利点

鋳造および鍛造の検査では、形状や複雑さがさまざまな部品で寸法の取得が必要となります。また取得作業は、あらゆる種類の環境でおこなわれる可能性があります。 優れた携帯性と万能性により、HandySCAN 3Dは直接、あらゆる部品の取得を実行できるだけでなく、顧客の敷地、製造作業現場、サプライヤのサイトでも取得を実行できます。

通常、品質検査者やオペレータは、物理部品を、その対応するデジタルモデルを使用して評価する必要があります。 そのため、取得データは正確であること、および3Dモデルは完全な検査に必要なすべての情報を含んでいる必要があります。 HandySCAN 3Dは完全で正確なメッシュモデルを提供します。

HandySCAN 3Dソリューションは、従来の測定方法と比較して時間を大幅に節約することが可能です。 さらに、視覚検査および手動検査冶具の高精度検査データよりもはるかに簡単に、文書化および複製できる高精度検査データを提供します。

類似の用途

鋳・鍛造加工用品質検査

鋳・鍛造加工材の取扱いには様々な課題があり、製造業者は対応を迫られています。

自動車部品メーカーがより多くの情報に基づいてより多くの部品を迅速に検査し、生産性を向上させる方法

自動車業界において、車体を作り上げる部品は、シートメタルを打ち抜いて作られます。

オンロードおよびオフロードのスポーツバイクの組み立てと試験

高性能のバイクの組み立てには、最先端の技術を用いて検査した、スリリングな走りを実現する、レースで実証済みの部品が必要です。

弊社のソリューションについてより詳しくお知りになりたい場合

具体的な質問がある場合、専門家のアドバイスが必要な場合は、いつでもお気軽にお問い合わせください。