By continuing to use the site you agree to our privacy and cookie policy.

I agree

3Dスキャナーを活用した産業装置の部品と付属品の開発

この業界に特有のニーズ

農業、建設業、鉱業用の装置の部品と付属品を開発する場合、設計者は車両や装置の寸法を測る必要があります。 ぴったりと合い、高性能を確保するために、寸法には正確性が要求されるだけでなく、ありとあらゆる部分の寸法が必要になります。 実際、設計者はすべての組立フィーチャー、アセンブリ内に見つかる元の部品の寸法、および部品のアセンブリと新しい設計の間で発生し得る問題に関心を持ちます。 3Dスキャンではすべての部品とその相対位置の精密な3D測定が実行され、設計者が正しい組立フィーチャーと寸法で新しい設計を行うのを大いに支援します。 複数のモデルにフィットする柔軟性のある部品や付属品を開発する場合には、さまざまな装置の多数のスキャンを設計に統合することもできます。

HandySCAN 3Dソリューションの利点

このような部品や付属品の開発ではさまざまな形状と複雑さを持つ部品の寸法を取る必要がありますが、この計測はあらゆる環境で行えることが求められる可能性があります。 HandySCAN 3Dのハンディーな携帯性によって、設計現場で直接計測するだけでなく、お客様の施設、作業場で、さらに足場が不安定な現場でも直接計測できます。

設計者は正しい組立フィーチャーと寸法で新しい設計を作ることを希望するため、取得するデータは正確で、かつ車両や装置の元のアセンブリにぴったりと合う、機能的で柔軟性のある部品の製造に必要なすべての情報を保持している必要があります。 HandySCAN 3Dは高精度な3Dメッシュモデルを提供します。