By continuing to use the site you agree to our privacy and cookie policy.

I agree

3Dスキャンによる自動車、輸送業界での初回製品検査

この業界に特有のニーズ

初回製品検査は、ほとんどの製造プロセスで必要不可欠です。プロトタイプ部品は通常少量生産され、設計図と寸法を比較したり、CADファイルと比較して、製造の精度を確認します。また、欠陥が見つかった場合はその原因を特定します。

MetraSCAN 3Dソリューションの利点

MetraSCAN 3Dの可搬性と動的参照機能により、工場のすべてのエリアにおいてシンプルで信頼できる3Dスキャンが可能になっています。

タッチプローブとともに3Dスキャナを使用することで、幾何学的要素をピンポイントの精度で制御できます。

スキャンモードで生成される情報の密度は、欠陥の原因を判断し、製品版ツールに必要となる最適な調整をすばやく特定するのに役立ちます。

MetraSCAN 3Dは、以下の機能により、時間の大幅な節約を支援します。

  • オンサイト検査 – 部品を計測施設に移動する必要はもうなくなります。
  • 動的整列によって、より信頼性が高く、合理化、または自動化された配置手順が可能になります。
  • 従来の検査ツールで一般的だった、長いプログラミング手順は不要です。

リフレクタのマグネット式サポートは、板金部品に特に適しています。リフレクタがあれば、高価で面倒な装置で固定することなく部品の配置を維持します。

MetraSCAN 3Dは測定時に大きな自由度があること、および非常に反射率の高い表面でさえスキャンできることから、板金、プラスチック、複合材料などのあらゆる種類の部品や素材に使用できます。