By continuing to use the site you agree to our privacy and cookie policy.

I agree

3Dスキャナーを活用した製造ラインのコンプライアンス検査

3Dスキャナーによる製造ラインのコンプライアンス検査

この業界に特有のニーズ

製造ラインでは、すべての部品が3Dスキャン検査の対象になります。この検査には、系統的な手法かランダムサンプリングが使用され ます。 通常、検査の対象となるのは一部の重要なフィーチャーだけです。

 

 

HandyPROBEソリューションの利点

このようなタイプの検査では、一般的にポータブルな測定ソリューションが使用されます。 また、HandyPROBE の調整機能とオートメーションにより、比類ない信頼性とスピードで体系的な測定もランダムな測定も実現で きます。

自動調整を使用すると、部品のいくつかの特性を45秒以内に検査できます。これは、ほとんどの製造サイク ルと互換性があります。

HandyPROBEでは測定を完全に自動化することも可能なので、電子コンパレータベースの専用監視ツー ルを開発するコストを節約できます。 これは、コンパレータをリフレクタを備えたテストプローブに置き換えるだ けで実現できます。 テストプローブをサポートする工具が加工対象に配置されると、C-Trackはリフレクタの 位置を直ちに測定し、測定ソフトウェアは部品のコンプライアンスを検証します。

Automotive LightingBentelerThyssenKrupp