発電

発電発電用コンポーネントのリバースエンジニア、検査、修理、変更のいずれにおいても、Creaformはエネルギー市場に信頼性が高く、最先端のポータブル3D測定技術を提供します。 狭いことや測定対象物に近寄りにくいことは、もはや問題になりません。携帯性と小型化によってほとんどの場所で測定データを取得できます。測定のセットアップにおける信頼性や、不安定な環境でも測定対象物を測定できるTRUaccuracyテクノロジーによってデータの精度は市販されている製品のなかで最高レベルで確保されます。 Creaformの技術は、次の用途に使用できます。

  • 設計およびエンジニアリング
  • リバースエンジニアリング
  • 品質管理(QC)/検査
  • 装置の組立
  • メンテナンスおよび修理
タービンコンポーネントの分析

タービンコンポーネントの分析

目的が発電用タービンコンポーネントの検査、修理、変更のいずれであっても、コンポーネントに近寄ることと安定した測定セットアップが課題であることに変わりはありません。 動翼、静翼、ケーシングのように測定を必要とするコンポーネントは、常に近寄りにくい狭い場所にあります。 目的のコンポーネントを高精度で完全に測定するには、対象物上でのレファレンス機能を備えた3Dスキャナーを使用する必要があります。 その機能があれば、測定対象物が不安定な環境に設置されていても精度に影響しません。 この方式で生成された3Dスキャンは、タービンコンポーネントの完全な3D表現に必要な測定密度を提供します。

詳細を読む

改造を目的としたタービンケーシングの3Dスキャン

改造を目的としたタービンケーシングの3Dスキャン

タービンの使用においては、部品が一度で整合することがきわめて重要です。ずれていると、どうしても多くの費用と時間がかかってしまうからです。 タービンケーシングを改造する場合、メーカーは精度の高いデータで作業を行う必要があります。 プロービングとスキャンの併用は、既存のタービンを測定する場合に最も効果的で信頼性の高い方法です。一般的なプロービング測定装置は振動や周囲の温度変化などに敏感なため、現場での測定は良い測定精度を得ることが非常に難しいのが実情です。

詳細を読む

発電とエネルギーにおけるフェーズドアレイ(PA)検査の3Dモデリング

発電とエネルギーにおけるフェーズドアレイ(PA)検査の3Dモデリング

発電機の部品および本体は、劣化のレベルと残りの運転可能年数を評価するために検査する必要があります。電力会社は、複雑な部品を検査するという高まり続ける課題に直面しています。これらの部品は、非常に複雑な構造体の一部となっており、検査のために「取り外し」を行うことができません。この問題を解決するために、業界は通常、フェーズドアレイ検査という手法を利用しています。

詳細を読む