パイプライン機械的損傷評価 - ASME B31.8準拠

数年にわたり、機械的損傷検査の要件は、致命的として分類されていなかった多くの「くぼみ」を生み出してきました。ところが、このくぼみによって発生したパイプラインの障害は、これらの要件やNDT検査方法に対する懸念を提起してきました。障害を引き起こす前に、コストのかかる操作を常に回避しながら、致命的となる「くぼみ」を正確に特定できることは、すべてのパイプライン検査担当者にとって最も重要なことです。検査ツールを選定する際に、パイプラインエンジニアやNDT検査担当者は、このような要素を考慮して、正確さ、信頼性、追跡可能性を求めています。

CreaformのNDTソリューションには、環境に害を及ぼす可能性のある金属のくぼみや削れなどの表面の変形の損傷を解析する機械的損傷評価モジュールの機能があります。配管保全管理会社は、現場で即時に高信頼性のレポートを作成するのに、このような革新的なツールに頼ることができます。これは、石油や天然ガスの輸送や貯蔵のインフラストラクチャを安全に操作するためのメンテナンスコスト削減 につながります。機械的評価モジュールは、歪みベースの評価などASME B31.8規格に従っているアプリケーションに適用できます。