VXinspect:寸法検査ソフトウェアモジュール

VXinspectは、製造業におけるFAI(First Article Inspection: 先行品検査)や品質管理を直観的に行える3D検査ソフトウェアモジュールです。VXinspectソフトウェアモジュールを、Creaformの3DソフトウェアプラットフォームでありアプリケーションパッケージであるVXelementsに直接組込むことで、最もシンプルな形でプロービングスキャニング機能を統合することができるようになりました。

Creaform製品をVXinspectと組み合わせることで、製造前における現場での測定〜検査、かつ、製造現場での複数パーツの測定〜検査を可能にします。これは、直観的なインターフェイスで、高い測定品質とGD&T(Geometric Dimensioning & Tolerancing:幾何公差)要件に妥協を許さない、あらゆる検査ワークフローにとって最善のソリューションです。

特長

プラグ・アンド・プレイ型のシンプルなソリューションを求めるお客様のニーズを満たすために、VXinspectにはCreaformの全技術を結集し、最適に使用できるよう、情報を集中化しています。 

CADデータのインポート

CADデータのインポート

VXinspectはIGES、STEP形式のCADデータインポートに対応しており、CADモデルと測定対象物のデータを直接比較することによって、部品の製造欠陥が把握しやすくなっています。

マルチ測定モード

マルチ測定モード 

VXinspectは、シングルポイントタッチプローブと非接触型測定を、独自の直感的なソフトウェアインターフェイスにシームレスに統合した、初のソフトウェアです。

利用可能なツール:プロービング | スキャニング | メッシュデータのインポート対応

位置合わせ

位置合わせ

寸法検査プロセスの開始前には、空間でのオブジェクトの位置決めと配置が最も重要になります。これによって、データ取得から最終検査レポートに至るまで、より正確な結果が得られます。

利用可能なツール:エンティティ選択 | ベストフィット | データターゲット

幾何公差(GD&T)

幾何公差(GD&T)

VXinspectの高度なアルゴリズムと計算方法により、幾何公差の知識や経験があまりないユーザーでも、検査プロジェクトにおいて幾何公差の原則や手順をご利用いただくことができます。

利用可能なツール:形状および位置の交差 | プロファイルおよび位置特定の交差 | 幾何学形状対象物のDRF(Datum Reference Frame:データム参照フレーム)構築 | その他

VXinspectによるシンプルでパワフルなスキャニングとプロービングのワークフロー

製造前

製造立ち上げ時には、毎回様々なプロセス上の問題が生じます。製造プロセスを完全にコントロールするためには、事前調整が必要になる場合が大半です。問題を解決するためには、三次元測定機のユーザーは、測定した形状を設計物と即座に比較する必要があります。VXinspectは、最もシンプルなワークフローで、測定対象物とCADデータの迅速な検査を可能にしました。

CADデータのインポート

1. CADデータのインポート

  • STEP/IGESファイルに対応
Next
測定

2. 測定

  • スキャニングおよびプロービング方法が利用可能
Next
カラーマップ

3. カラーマップ

  • 測定対象物とCADデータの最もシンプルなワークフロー比較
Next
レポート

4. レポート

  • W摩耗分析

製造中

製造プロセスが管理下に置かれたら、先行品検査(FAI)やPPAP(Production Part Approval Process:生産部品承認プロセス)を実施する必要があります。VXinspectは検査プログラムをシンプルに構築するのに最適なツールです。また、製造プロセスのさまざまな段階で、重要な箇所の寸法をコントロールするのに使用することもできます。同じ測定手順を何度も繰り返すことで特定のパーツの改善に役立ち、問題の発生を未然に防ぐことができます。

CADデータのインポート

1. CADデータのインポート

  • STEP/IGESファイルに対応
Next
検査手順

2. 検査手順

  • 簡単で直感的な検査手順のマネージメント
Next
測定および位置合わせ

3. 測定および位置合わせ

  • 強力な幾何公差(GD&T)モジュールを搭載しており、精度の高い測定を実現
Next
レポート

4. レポート

  • 先行品検査(FAI)
  • 生産部品承認プロセス(PPAP)
  • Excelレポート