By continuing to use the site you agree to our privacy and cookie policy.

OK

リバースエンジニアリング

リバースエンジニアリングは、新たな参照CADモデル作成のため、物理的対象物を測定してそれを基に3Dモデルを再構成し、単純な解析面(平面、円柱など)や自由曲面(NURBS)の設計意図の回復(オリジナル設計の完全な再構成)を行う工程です。

CADエンジニアや工業デザイナーは、複雑な有機的形状であることも少なくない部品を適合させ、維持するという重要な任を負っています。CADモデルを利用できなかったり、入手できない場合には、3Dモデルを再構成して設計に組み込む必要もあります。

リバースエンジニアリングを行う理由は1つではなく、損傷した、(CADモデルが存在しない)部品の交換や旧式の部品のアップデート、現在のアセンブリや環境に新たな部品を合わせるためや新たな製造計画策定のため、また、単に競合先の製品の機能を分析するためだったりと様々です。一般的に、3Dスキャナーは、寸法情報の抽出や抽出した情報を点群や自動のインスタントメッシュで示す技術として普及しています。

Creaformソリューション

Creaformのハンディタイプ3Dスキャナー なら、既存の物理的対象物から3Dモデルを作成するという作業がCADエンジニアや工業デザイナー自身で行えます。さらに、スキャンしたデータのクリーンアップ、調整および最適化を行うための柔軟性を提供するscan-to-CADソフトウェア によって、CADソフトウェアへの転送前に、メッシュから寸法情報を抽出できます。

高解像度、汎用性に優れ、使いやすく高速の3Dスキャンツールおよびソフトウェアは、目標の達成と課題の克服に役立つソリューションです。

  • 細部まで高精細に表示:

    入り組んだ細部まで精細にフルカラーで表示でき、自由曲面モデルを作成し詳細な特徴まで捉えるのにふさわしいスキャン品質を提供します。
  • 汎用性:

    最先端のレーザー技術と光学技術が搭載され、スキャンボリューム無制限の3Dスキャナーは、サイズ、形状、材質、表面仕上げや複雑さを問わず、あらゆる部品の測定が可能です。
  • 高い簡便性:

    プラグアンドプレイデバイスとユーザーフレンドリーなインターフェースを備え、一切準備の必要なく、ユーザーの習熟度にも左右されずに対象物をスキャンでき、簡便性に優れています。
  • インスタントメッシュ:

    点群とは異なり、最適化も処理も終わった状態で生成されるメッシュは、CADや3Dプリントソフトウェアなど、使用するリバースエンジニアリングへのシームレスな統合が即可能です。

活用事例

用途

業界で絞り込む:

鋳・鍛造加工用品質検査

鋳・鍛造加工材の取扱いには様々な課題があり、製造業者は対応を迫られています。

自動車部品メーカーがより多くの情報に基づいてより多くの部品を迅速に検査し、生産性を向上させる方法

自動車業界において、車体を作り上げる部品は、シートメタルを打ち抜いて作られます。

フォーミュラSAE車両のハンドル設計と製造

一般的に、ハンドルは、電子制御のシフト切り替えやアンチロールのコントロール、車両の牽引やローンチコントロールモードの選択、ドライバーへの重要な情報の提示といった役割を果たす、レーシングカーの最も重要な要素の1つと見なされています。

オンロードおよびオフロードの高性能スポーツバイクの設計と開発

最先端の技術を使った人間工学的測定および空気力学的測定なしに、ドライバーがスリリングな走りを味わえる高性能バイクを設計することなど不可能です。

オンロードおよびオフロードのスポーツバイクの組み立てと試験

高性能のバイクの組み立てには、最先端の技術を用いて検査した、スリリングな走りを実現する、レースで実証済みの部品が必要です。

3Dスキャナーを活用したタービンコンポーネントの分析

目的が発電用タービンコンポーネントの検査、修理、変更のいずれであっても、コンポーネントに近寄ることと安定した測定セットアップが課題であることに変わりはありません。 動翼、静翼、ケーシングのように測定を必要とするコンポーネントは、常に近寄りにくい狭い場所にあります。 目的のコンポーネントを高精度で完全に測定するには、対象物上でのレファレンス機能を備えた3Dスキャナーを使用する必要があります。 その機能があれば、測定対象物が不安定な環境に設置されていても精度に影響しません。 この方式で生成された3Dスキャンは、タービンコンポーネントの完全な3D表現に必要な測定密度を提供します。

何も検索されませんでした

さらに表示する