By continuing to use the site you agree to our privacy and cookie policy.

OK

リバースエンジニアリング

リバースエンジニアリングは、新たな参照CADモデル作成のため、物理的対象物を測定してそれを基に3Dモデルを再構成し、単純な解析面(平面、円柱など)や自由曲面(NURBS)の設計意図の回復(オリジナル設計の完全な再構成)を行う工程です。

CADエンジニアや工業デザイナーは、複雑な有機的形状であることも少なくない部品を適合させ、維持するという重要な任を負っています。CADモデルを利用できなかったり、入手できない場合には、3Dモデルを再構成して設計に組み込む必要もあります。

リバースエンジニアリングを行う理由は1つではなく、損傷した、(CADモデルが存在しない)部品の交換や旧式の部品のアップデート、現在のアセンブリや環境に新たな部品を合わせるためや新たな製造計画策定のため、また、単に競合先の製品の機能を分析するためだったりと様々です。一般的に、3Dスキャナーは、寸法情報の抽出や抽出した情報を点群や自動のインスタントメッシュで示す技術として普及しています。

Creaformソリューション

Creaformのハンディタイプ3Dスキャナー なら、既存の物理的対象物から3Dモデルを作成するという作業がCADエンジニアや工業デザイナー自身で行えます。さらに、スキャンしたデータのクリーンアップ、調整および最適化を行うための柔軟性を提供するscan-to-CADソフトウェア によって、CADソフトウェアへの転送前に、メッシュから寸法情報を抽出できます。

高解像度、汎用性に優れ、使いやすく高速の3Dスキャンツールおよびソフトウェアは、目標の達成と課題の克服に役立つソリューションです。

  • 細部まで高精細に表示:

    入り組んだ細部まで精細にフルカラーで表示でき、自由曲面モデルを作成し詳細な特徴まで捉えるのにふさわしいスキャン品質を提供します。
  • 汎用性:

    最先端のレーザー技術と光学技術が搭載され、スキャンボリューム無制限の3Dスキャナーは、サイズ、形状、材質、表面仕上げや複雑さを問わず、あらゆる部品の測定が可能です。
  • 高い簡便性:

    プラグアンドプレイデバイスとユーザーフレンドリーなインターフェースを備え、一切準備の必要なく、ユーザーの習熟度にも左右されずに対象物をスキャンでき、簡便性に優れています。
  • インスタントメッシュ:

    点群とは異なり、最適化も処理も終わった状態で生成されるメッシュは、CADや3Dプリントソフトウェアなど、使用するリバースエンジニアリングへのシームレスな統合が即可能です。

活用事例

用途

業界で絞り込む:

航空宇宙におけるフェーズドアレイ(PA)検査の3Dモデリング

乗客の安全および機器の適切なメンテナンスを確立するためには、航空機の部品や構造における、衝撃による表面の損傷を検査する必要があります。

メンテナンス業務における3Dスキャナーの活用

反応装置とタービンは、通常、定期的なメンテナンスを受けなければならない高価で必須の装置です。 このような装置の高いコストは、ときには複雑な、劣化などの問題に対する修理を正当化します。 必要な修理を特定するには、摩耗による素材の曲がりやロスを正確に測定します。 そして、修理の準拠性を確認できます。

3Dスキャナーを活用したあられ・ひょうによるダメージの評価

航空機において、あられ・ひょうによるダメージの空気力学的な影響は複雑な要素であり、検証は困難です。しかしながら、正確に測定できるかどうかは、安全性を向上するうえで極めて重要な事項です。損傷の形状やサイズは、暴風雨の激しさによって変化します。したがって、損傷具合を分析する最も一般的な方法は、旅客機の表面で見つかった各くぼみの長さや幅、奥行きを幾何学的に測定する方法です。

3Dスキャナーによる組み立ての支援

複雑で重要な組立を行うとき、十分なシミュレーションを実行するために、各コンポーネントの構築時に使用した条件を評価することが必須です。 このようなシミュレーションまたはバーチャル組立に基づいて、適切なデザイン調整、事前計算を行うことができ、新しい調整部品の必要性を判定できます。

3Dスキャナーを活用した製造ラインの構築支援

複雑で重要な製造プロセスでは、製造プロセスを通じていつでも各部品の相対的な位置を確認できることが重要です。

3DスキャンデータとCADデータによる比較検査

製造ラインでは、すべての部品が3Dスキャン検査の対象になります。この検査には、系統的な手法かランダムサンプリングが使用されます。 一般に、航空宇宙分野では、品質管理が非常に広範にわたり、とりわけ自由形状や複雑な形状の場合は、比較ポイントの密なサンプリングが必要です。 測定対象物とCADデータの3D偏差は、カラーマップとユーザー定義比較ポイントを使用して、3Dスキャナーのすべての測定値に基づいて分析できます。 スキャナーの高密度データを使用することで、検査担当者は測定対象物のすべてのサーフェスの完全な検査を簡単に可視化してテキスト化することができます。

何も検索されませんでした

さらに表示する