By continuing to use the site you agree to our privacy and cookie policy.

OK

保守・修理・点検

保守・修理・点検(MRO)とは、製品、機器、工具や設備の保守や修理に有効な検査、測定、交換や調整といった様々な作業のことです。点検方法として主として用いられるのが、計画保守、予知保守、予防保守および改良保守です。

部品や装置、インフラの健全性について責任を負うのが構造システムエンジニアや保守マネージャーです。製造元の取扱説明書に規定された受け入れ基準に準じ、不具合の特徴を明らかにして修理を行う責任を負っており、そのためには、適切な修理方法を見極めて適用したり、OEMに連絡したりして測定されたデータが受け入れ基準を逸脱していないか確認する必要があります。ユーザーのスキルに依存する測定を行っている場合、信頼性の低いデータや再現性のない結果によって、これらの作業が複雑化してしまいます。同じ構造物の測定データがオペレーターによって異なる場合、どうすれば損傷の特徴を明らかにしたり、是正措置を講じたりすることができるでしょうか。さらに、操業や安全という重要な問題が問われるより深刻な事態の場合、どうすれば適切な修理の決断を下すことができるでしょうか。

Creaformソリューション

Creaformのメトロロジー・グレードの3Dスキャナー を活用すれば、測定結果に自信を持てます。オペレーターの習熟度にもスキルにも左右されない、信頼性も再現性もあるデータが得られるようになります。したがって、修理について適切な決断を下せ、システムを迅速に再稼働させることができます。

高効率で汎用性に優れ、OEM承認されたシンプルな3Dスキャンツールおよびソフトウェアは、目標の達成と課題の克服に役立つソリューションです。

  • 効率性:

    高い測定レート能力を有し、報告書の作成が容易でユーザーのスキルに左右されないため、スキャンからデータが利用できるまでわずか数分。データ取得と分析の時間を大幅に短縮できます。
  • 汎用性:

    最先端のレーザー技術と光学技術が搭載され、スキャンボリューム無制限の3Dスキャナーは、サイズ、材質、表面仕上げや複雑さを問わず、あらゆる部品の測定が可能で、さまざまな作業環境や用途に対応します。
  • 業界標準:

    OEMの承認を得ているCreaform技術は、最も重要なOEM各社の業務広報に準拠しているだけでなく、それらの企業の整備機器カタログにも掲載されています。
  • 高い簡便性:

    プラグアンドプレイデバイスとユーザーフレンドリーなインターフェースを備えているため、オペレーターは迅速に信頼できる測定が行えます。

活用事例

用途

業界で絞り込む:

航空宇宙におけるフェーズドアレイ(PA)検査の3Dモデリング

乗客の安全および機器の適切なメンテナンスを確立するためには、航空機の部品や構造における、衝撃による表面の損傷を検査する必要があります。

メンテナンス業務における3Dスキャナーの活用

反応装置とタービンは、通常、定期的なメンテナンスを受けなければならない高価で必須の装置です。 このような装置の高いコストは、ときには複雑な、劣化などの問題に対する修理を正当化します。 必要な修理を特定するには、摩耗による素材の曲がりやロスを正確に測定します。 そして、修理の準拠性を確認できます。

3Dスキャナーを活用したあられ・ひょうによるダメージの評価

航空機において、あられ・ひょうによるダメージの空気力学的な影響は複雑な要素であり、検証は困難です。しかしながら、正確に測定できるかどうかは、安全性を向上するうえで極めて重要な事項です。損傷の形状やサイズは、暴風雨の激しさによって変化します。したがって、損傷具合を分析する最も一般的な方法は、旅客機の表面で見つかった各くぼみの長さや幅、奥行きを幾何学的に測定する方法です。

3Dスキャナーによる組み立ての支援

複雑で重要な組立を行うとき、十分なシミュレーションを実行するために、各コンポーネントの構築時に使用した条件を評価することが必須です。 このようなシミュレーションまたはバーチャル組立に基づいて、適切なデザイン調整、事前計算を行うことができ、新しい調整部品の必要性を判定できます。

3Dスキャナーを活用した製造ラインの構築支援

複雑で重要な製造プロセスでは、製造プロセスを通じていつでも各部品の相対的な位置を確認できることが重要です。

3DスキャンデータとCADデータによる比較検査

製造ラインでは、すべての部品が3Dスキャン検査の対象になります。この検査には、系統的な手法かランダムサンプリングが使用されます。 一般に、航空宇宙分野では、品質管理が非常に広範にわたり、とりわけ自由形状や複雑な形状の場合は、比較ポイントの密なサンプリングが必要です。 測定対象物とCADデータの3D偏差は、カラーマップとユーザー定義比較ポイントを使用して、3Dスキャナーのすべての測定値に基づいて分析できます。 スキャナーの高密度データを使用することで、検査担当者は測定対象物のすべてのサーフェスの完全な検査を簡単に可視化してテキスト化することができます。

何も検索されませんでした

さらに表示する