By continuing to use the site you agree to our privacy and cookie policy.

OK

その他の用途

3Dスキャンを活用して大きな恩恵に浴している分野はいくつもあります。遺跡の保護、芸術や建築、マルチメディアなどもそうです。

遺跡保護の現場は、異物と新たな技術とが出会う場所です。
考古学者や研究者には、人類の文化遺産の保護という、細心の注意を要する役目があります。非接触型3Dスキャンによって、貴重な対象物や遺物を効果的にスキャンして、本物と見まごうほどの最高品質の3Dモデルをデジタル処理で作成し、研究、修復、複製に加え、目録、博物館、データベースへの記録・分類、研究者コミュニティでの共有に役立てることができます。

芸術や建築は、本物と見まごう3Dモデルで再現することができます。
芸術家や彫刻家、建築家の場合、複製前に仕上がりを確認するため、芸術作品や建築デザインエレメントをスキャンし、さらにデジタル処理で変更するよう依頼される場合があります。3Dスキャンなら、3Dモデルの作成も、プロジェクトの進展に応じてその3Dモデルの変更、複製、拡大・縮小もできるようになります。

マルチメディアの世界では、3Dコンピュータグラフィックや視覚効果(VFX)が新たな技術に命を吹き込んでいます。
ビデオゲームや映画、また、軍事、トレーニング、科学や教育目的の画像・映像の制作に携わる3Dコンピュータグラフィックアーティストには、現実世界そっくりそのままのシミュレーションの作成が求められます。ゼロからコンテンツを作り上げることもできるかもしれませんが、現実の世界にある物をモデルに取り込んで、色彩豊かな視覚効果や実物そっくりの3Dオブジェクトを作り出すことも可能です。3Dスキャンで、何の苦もなくこれらが実現できるのです。

Creaformソリューション

Creaformの ハンディタイプ3Dスキャン技術 を活用すれば、従来のツールでは実現不可能なことが実現可能になります。プロジェクトをさらに進展させ、優れた成果を達成できます。

高解像度で使いやすく、汎用性にも携帯性にも優れた3Dスキャンツールおよびソフトウェアは、目標の達成と課題の克服に役立つソリューションです。

  • 高い簡便性:

    プラグアンドプレイデバイスとユーザーフレンドリーなインターフェースを備えているため、専門知識がなくても3Dスキャンが行えます。対象物を捉え、ボタンを押してスキャンするだけです。
  • 細部まで高精細に表示:

    形状撮影用高解像度カメラとテクスチャ撮影用カラーカメラを備えているため、固有のニーズにぴったりの高精度かつ高品質の3Dモデルを作成できます。
  • 汎用性:

    最先端のレーザー技術と光学技術が搭載され、スキャンボリューム無制限の3Dスキャナーは、サイズ、形状、材質、表面仕上げや複雑さを問わず、あらゆる部品の測定が可能です。
  • 高い携帯性:

    小型のキャリーケースにすっぽりと収まるため、対象物や遺物、建築デザインエレメントのある場所に3Dスキャンツールを携帯し、一切準備の必要なくスキャンできます。

活用事例

用途

業界で絞り込む:

航空宇宙におけるフェーズドアレイ(PA)検査の3Dモデリング

乗客の安全および機器の適切なメンテナンスを確立するためには、航空機の部品や構造における、衝撃による表面の損傷を検査する必要があります。

メンテナンス業務における3Dスキャナーの活用

反応装置とタービンは、通常、定期的なメンテナンスを受けなければならない高価で必須の装置です。 このような装置の高いコストは、ときには複雑な、劣化などの問題に対する修理を正当化します。 必要な修理を特定するには、摩耗による素材の曲がりやロスを正確に測定します。 そして、修理の準拠性を確認できます。

3Dスキャナーを活用したあられ・ひょうによるダメージの評価

航空機において、あられ・ひょうによるダメージの空気力学的な影響は複雑な要素であり、検証は困難です。しかしながら、正確に測定できるかどうかは、安全性を向上するうえで極めて重要な事項です。損傷の形状やサイズは、暴風雨の激しさによって変化します。したがって、損傷具合を分析する最も一般的な方法は、旅客機の表面で見つかった各くぼみの長さや幅、奥行きを幾何学的に測定する方法です。

3Dスキャナーによる組み立ての支援

複雑で重要な組立を行うとき、十分なシミュレーションを実行するために、各コンポーネントの構築時に使用した条件を評価することが必須です。 このようなシミュレーションまたはバーチャル組立に基づいて、適切なデザイン調整、事前計算を行うことができ、新しい調整部品の必要性を判定できます。

3Dスキャナーを活用した製造ラインの構築支援

複雑で重要な製造プロセスでは、製造プロセスを通じていつでも各部品の相対的な位置を確認できることが重要です。

3DスキャンデータとCADデータによる比較検査

製造ラインでは、すべての部品が3Dスキャン検査の対象になります。この検査には、系統的な手法かランダムサンプリングが使用されます。 一般に、航空宇宙分野では、品質管理が非常に広範にわたり、とりわけ自由形状や複雑な形状の場合は、比較ポイントの密なサンプリングが必要です。 測定対象物とCADデータの3D偏差は、カラーマップとユーザー定義比較ポイントを使用して、3Dスキャナーのすべての測定値に基づいて分析できます。 スキャナーの高密度データを使用することで、検査担当者は測定対象物のすべてのサーフェスの完全な検査を簡単に可視化してテキスト化することができます。

何も検索されませんでした

さらに表示する