あられ・ひょうによるダメージの評価

航空機において、あられ・ひょうによるダメージの空気力学的な影響は複雑な要素であり、検証は困難です。しかしながら、正確に測定できるかどうかは、安全性を向上するうえで極めて重要な事項です。損傷の形状やサイズは、暴風雨の激しさによって変化します。したがって、損傷具合を分析する最も一般的な方法は、旅客機の表面で見つかった各くぼみの長さや幅、奥行きを幾何学的に測定する方法です。また、形状の管理のため、生産ラインにおいてもこの方法が必要になります。航空会社にとっては乗客の安全を守ることが第一であるため、正確性、効率性、監査性に優れたソリューションを見つける必要があります。

3Dスキャンによりもたらされる完全性評価能力により、宇宙産業のエンジニアチームは、あられ・ひょうによるダメージの詳細な評価を行うための大量かつ高精度なデータを取得することができます。3Dスキャンの主な利点は、高い精度、再現性、トレーサビリティ、携帯性、利便性などです。さらに、設定可能な基準に応じた損傷の検出・測定だけでなく、Excel、PDFなどのさまざまな形式でのデータ出力が可能です。CreaformのNDTソリューションは、航空機の損傷評価時間を80%節約し、ヒューマンエラーのリスクを低減させるのに役立ちます。