By continuing to use the site you agree to our privacy and cookie policy.

OK

3Dスキャナーを活用したあられ・ひょうによるダメージの評価

航空機に対する障害の評価

航空機において、あられ・ひょうによるダメージの空気力学的な影響は複雑な要素であり、検証は困難です。しかしながら、正確に測定できるかどうかは、安全性を向上するうえで極めて重要な事項です。損傷の形状やサイズは、暴風雨の激しさによって変化します。したがって、損傷具合を分析する最も一般的な方法は、旅客機の表面で見つかった各くぼみの長さや幅、奥行きを幾何学的に測定する方法です。また、形状の管理のため、生産ラインにおいてもこの方法が必要になります。航空会社にとっては乗客の安全を守ることが第一であるため、正確性、効率性、監査性に優れたソリューションを見つける必要があります。

3Dスキャンによりもたらされる完全性評価能力により、宇宙産業のエンジニアチームは、あられ・ひょうによるダメージの詳細な評価を行うための大量かつ高精度なデータを取得することができます。3Dスキャンの主な利点は、高い精度、再現性、トレーサビリティ、携帯性、利便性などです。さらに、設定可能な基準に応じた損傷の検出・測定だけでなく、Excel、PDFなどのさまざまな形式でのデータ出力が可能です。CreaformのNDTソリューションは、航空機の損傷評価時間を80%節約し、ヒューマンエラーのリスクを低減させるのに役立ちます。

類似の用途

航空宇宙におけるフェーズドアレイ(PA)検査の3Dモデリング

乗客の安全および機器の適切なメンテナンスを確立するためには、航空機の部品や構造における、衝撃による表面の損傷を検査する必要があります。

メンテナンス業務における3Dスキャナーの活用

反応装置とタービンは、通常、定期的なメンテナンスを受けなければならない高価で必須の装置です。 このような装置の高いコストは、ときには複雑な、劣化などの問題に対する修理を正当化します。 必要な修理を特定するには、摩耗による素材の曲がりやロスを正確に測定します。 そして、修理の準拠性を確認できます。

弊社のソリューションについてより詳しくお知りになりたい場合

具体的な質問がある場合、専門家のアドバイスが必要な場合は、いつでもお気軽にお問い合わせください。