By continuing to use the site you agree to our privacy and cookie policy.

OK

品質管理および品質保証

寸法の品質管理(QC)は、明確な品質基準の順守と顧客要件への適性を維持するために行われる、製造部品の寸法を測定するプロセスです。一方、品質保証(QA)は、出荷段階になって初めて不履行が発覚することのないよう、製造工程の各段階でミスや不良を防ぐための一連の手順で構成されています。

QCマネージャーは、信頼性が高く、高速かつ使いやすい測定装置によって効果的な管理を実施して製造部品の品質を維持、さらには向上させるという細心の注意を要する任を負っています。さらに、これらの装置の真の性能の検査と検証の責任も負います。このため、装置の使い勝手の悪さ、非効率性や限界は、QCマネージャーの職務遂行の障害となります。

QAエンジニアの場合、QC部署や製造部署で生じた問題を調査し、(圧力を受けながらも)根本原因の分析を行い、ダウンタイム軽減のための是正措置を迅速に実施するという責任があります。これらのプロセスを通して、生産コストとリードタイムの極小化を実現しつつ、製造工程を向上させる方法を模索しなければなりません。

Creaformソリューション

Creaformの3Dスキャン技術および3Dプローブ技術 なら、ハンディ型、自動型のいずれでも、製造部品の寸法の測定と品質の検証を、QCおよびQAのエンジニアやマネージャーが行えるだけでなく、検査で見つかった問題の根本原因を特定することもできます。

正確かつ高速、携帯性と汎用性を有するメトロロジーツールは、目標達成と課題克服に役立つソリューションです。

  • 精度:

    測定セットアップの良し悪し、環境の不安定さやユーザーの習熟度に左右されることなく、高解像度で正確かつ信頼性の高い結果が得られるため、最高水準の測定品質をお約束します。
  • スピード:

    高い測定レート能力を有し、セットアップが容易であることから、スキャンから結果が得られるまでわずか数分。データ取得と分析の時間を大幅に短縮できます。
  • 高い携帯性:

    測定中に対象物、装置のいずれも自由に動かすことができるダイナミックリファレンシング機能を備えているため、様々な環境条件でも性能に影響を及ぼすことなく検査が行えます。
  • 汎用性:

    最先端の光学技術とレーザー技術が搭載され、スキャンボリューム無制限のポータブル3Dスキャナーは、サイズ、形状、材質、表面仕上げや複雑さを問わず、あらゆる部品の検査が可能です。

活用事例

用途

業界で絞り込む:

過酷な生産環境でインペラタービンを測定

素早く簡単にインペラブレードの欠陥を発見し、修理。寸法情報をターゲットデータ(CAD)と照らし合わせて分析。

より優れた製品の提供につながる、より効率的な設計プロセスの構築

新規受注の獲得と市場競争力の強化。顧客への納品の加速化。一度の取り付けでピタリと合う。

部品メーカー(自動車)、アフターマーケットの各分野で使われる3Dスキャン技術

未知の部品と部品を取り巻く環境のリバースエンジニアリングを行って、より質の高い製品を設計

より正確なデータの収集。3Dモデルの精密さレベルの向上。より質の高いアフターマーケット製品の設計。設計プロセスの最適化。

自動品質管理:スループット向上のカギとなる、電気自動車メーカー向けの主要戦略

電気自動車(EV)の人気が高まるにつれ、エンジニアや品質管理の専門家の多くが部品検査で新たな課題に直面しています。

高精度スタンドの自動3Dスキャンと検査

車両運転台を他の生産工場に移送するのに使われる高精度スタンドの検査ができたのも、顧客にリアルタイムで逸脱報告書を提出できたのも、また、複数の修理策のコストを見積もってより良い意思決定が行えたのも、自動3D測定システムがあったからこそでした。

何も検索されませんでした

さらに表示する