By continuing to use the site you agree to our privacy and cookie policy.

OK

品質管理および品質保証

寸法の品質管理(QC)は、明確な品質基準の順守と顧客要件への適性を維持するために行われる、製造部品の寸法を測定するプロセスです。一方、品質保証(QA)は、出荷段階になって初めて不履行が発覚することのないよう、製造工程の各段階でミスや不良を防ぐための一連の手順で構成されています。

QCマネージャーは、信頼性が高く、高速かつ使いやすい測定装置によって効果的な管理を実施して製造部品の品質を維持、さらには向上させるという細心の注意を要する任を負っています。さらに、これらの装置の真の性能の検査と検証の責任も負います。このため、装置の使い勝手の悪さ、非効率性や限界は、QCマネージャーの職務遂行の障害となります。

QAエンジニアの場合、QC部署や製造部署で生じた問題を調査し、(圧力を受けながらも)根本原因の分析を行い、ダウンタイム軽減のための是正措置を迅速に実施するという責任があります。これらのプロセスを通して、生産コストとリードタイムの極小化を実現しつつ、製造工程を向上させる方法を模索しなければなりません。

Creaformソリューション

Creaformの3Dスキャン技術および3Dプローブ技術 なら、ハンディ型、自動型のいずれでも、製造部品の寸法の測定と品質の検証を、QCおよびQAのエンジニアやマネージャーが行えるだけでなく、検査で見つかった問題の根本原因を特定することもできます。

正確かつ高速、携帯性と汎用性を有するメトロロジーツールは、目標達成と課題克服に役立つソリューションです。

  • 精度:

    測定セットアップの良し悪し、環境の不安定さやユーザーの習熟度に左右されることなく、高解像度で正確かつ信頼性の高い結果が得られるため、最高水準の測定品質をお約束します。
  • スピード:

    高い測定レート能力を有し、セットアップが容易であることから、スキャンから結果が得られるまでわずか数分。データ取得と分析の時間を大幅に短縮できます。
  • 高い携帯性:

    測定中に対象物、装置のいずれも自由に動かすことができるダイナミックリファレンシング機能を備えているため、様々な環境条件でも性能に影響を及ぼすことなく検査が行えます。
  • 汎用性:

    最先端の光学技術とレーザー技術が搭載され、スキャンボリューム無制限のポータブル3Dスキャナーは、サイズ、形状、材質、表面仕上げや複雑さを問わず、あらゆる部品の検査が可能です。

活用事例

用途

業界で絞り込む:

航空宇宙におけるフェーズドアレイ(PA)検査の3Dモデリング

乗客の安全および機器の適切なメンテナンスを確立するためには、航空機の部品や構造における、衝撃による表面の損傷を検査する必要があります。

メンテナンス業務における3Dスキャナーの活用

反応装置とタービンは、通常、定期的なメンテナンスを受けなければならない高価で必須の装置です。 このような装置の高いコストは、ときには複雑な、劣化などの問題に対する修理を正当化します。 必要な修理を特定するには、摩耗による素材の曲がりやロスを正確に測定します。 そして、修理の準拠性を確認できます。

3Dスキャナーを活用したあられ・ひょうによるダメージの評価

航空機において、あられ・ひょうによるダメージの空気力学的な影響は複雑な要素であり、検証は困難です。しかしながら、正確に測定できるかどうかは、安全性を向上するうえで極めて重要な事項です。損傷の形状やサイズは、暴風雨の激しさによって変化します。したがって、損傷具合を分析する最も一般的な方法は、旅客機の表面で見つかった各くぼみの長さや幅、奥行きを幾何学的に測定する方法です。

3Dスキャナーによる組み立ての支援

複雑で重要な組立を行うとき、十分なシミュレーションを実行するために、各コンポーネントの構築時に使用した条件を評価することが必須です。 このようなシミュレーションまたはバーチャル組立に基づいて、適切なデザイン調整、事前計算を行うことができ、新しい調整部品の必要性を判定できます。

3Dスキャナーを活用した製造ラインの構築支援

複雑で重要な製造プロセスでは、製造プロセスを通じていつでも各部品の相対的な位置を確認できることが重要です。

3DスキャンデータとCADデータによる比較検査

製造ラインでは、すべての部品が3Dスキャン検査の対象になります。この検査には、系統的な手法かランダムサンプリングが使用されます。 一般に、航空宇宙分野では、品質管理が非常に広範にわたり、とりわけ自由形状や複雑な形状の場合は、比較ポイントの密なサンプリングが必要です。 測定対象物とCADデータの3D偏差は、カラーマップとユーザー定義比較ポイントを使用して、3Dスキャナーのすべての測定値に基づいて分析できます。 スキャナーの高密度データを使用することで、検査担当者は測定対象物のすべてのサーフェスの完全な検査を簡単に可視化してテキスト化することができます。

何も検索されませんでした

さらに表示する