By continuing to use the site you agree to our privacy and cookie policy.

OK

オンロードおよびオフロードのスポーツバイクの組み立てと試験

高性能のバイクの組み立てには、最先端の技術を用いて検査した、スリリングな走りを実現する、レースで実証済みの部品が必要です。

課題:工場での試験からレーストラックでの走行まで、スポーツバイクの性能をいかに保証できるか?

レース用スポーツバイクの組み立てには細心の注意が必要です。設計者とエンジニアには、質の高い材料を選んで、様々な形状の部品を厳しい精度で製作することが求められます。すべての部品がきちんと組み合わされていることを裏付けるには、バイク全体のスキャンが欠かせません。しかし、スポーツバイクは、極限状態に耐えるために組み立てられ、レーストラックで極限状態にさらされる運命にあります。必然的に、実際のレースでは、部品パラメータは変わり、逸脱も発生します。したがって、テストチームは、こういった逸脱を、工場内に停められた状態のバイクで測定するだけでなく、トラック上でも測定できなければならないのです。

大きさ、形状、表面仕上げも様々な、数多くの部品で構成されているスポーツバイクですが、そういった多種多様な部品を正確に測定するのに最もふさわしい機器を、品質管理チームはどのように選んでいるのでしょうか?

形状や複雑さも異なる部品の検査には、表面調整を行うことなく多くのデータを取得できる、3D測定技術が必要です。3Dスキャンは、タッチプローブとは違い、検査部品の部分ではなく、全体を捉えることができます。

いくつかのレースを終えたバイクに摩耗は避けられませんが、品質管理チームはどのように摩耗を解析し、それを、より良い走りの実現のため、新たなバイク設計にどうやって生かしているのでしょうか?

フレームやシャーシの摩耗解析および衝突解析は、個々の部品単位でも、車両全体でも、scan-to-CADの比較によって得られます。これは、品質管理チームがバイク全体をスキャンしてバイク部品のSTLデータを作成し、このデータをCADファイルと比較して行います。このため、スキャンツールやソフトウェアスイートは、詳細なトレーニングを必要とせず、わかりやすく、使いやすいものである必要があります。プラグアンドプレイツールとユーザーフレンドリーなインターフェースは、エンジニアの理解を容易にし、設計に生かせる改良点の特定をサポートします。

KTM
KTM

シャーシやスイングアームはレース中に逸脱が発生する可能性のある部位ですが、テストチームはそういった逸脱の原因がどこにあるかを、どうやってレーストラック上で素早く見極めることができるのでしょうか?

大きさや形状、表面仕上げの異なるすべての部品を迅速かつ正確に、表面調整を行わずに検査するには、3Dスキャン技術が必要不可欠です。3Dスキャン技術は、専門知識や経験がなくても、設計工場で設計者やエンジニア全員が使え、どこに部品があろうとも(作業現場でも、QCエリアでも、レーストラックでも)、持ち込むことができます。

logo KTM

KTM AGは、オンロードおよびオフロードの高性能スポーツバイクの設計、開発、組み立てを行っています。長年、世界中のバイクレースで実績を上げ続けるKTMは、手強いライバルと目されています。オフロードバイクを得意としていたKTMは、オンロードバイクの世界でも最も革新的なメーカーの1つに成長し、現在、世界最大のスポーツバイクメーカーを目指しています。

KTM社のスポーツバイクラインは質の高い部品を使って組み立てられているため、品質管理チームには、工場でもレーストラックでも使える正確な測定機器が必要です。KTM AGでモータースポーツの品質管理担当者を務めるクリスティアン・シュヴァルツ(Christian Schwarz)氏は次のように述べています。「私たちにとって、精度は最も重要な要素です。バイクの様々な部品を試験するのにMetraSCAN 3Dを選んだ理由の1つが精度です」さらに、「どこにでも持ち運べ、携帯性にも優れている」と、MetraSCAN 3Dを選んだことに満足感を示しています。

Creaformの3Dスキャンソリューションを選択したことにより、設計、製造、品質管理の各チーム間のコミュニケーションも向上しました。いまでは、データのやり取りが容易に行なえます。3Dスキャンを活用したことでネットワークの垣根が低くなり、それによって企業全体に新たな原動力をもたらしています。どのチームもスキャンデータを活用でき、同じ情報に基づいて一致協力しています。

KTM

ソリューション:正確、高速かつ携帯性と汎用性に優れた3Dスキャン技術

正確性(精度)は、環境の不安定性、測定のセットアップの良し悪しやユーザーの習熟度に関係なく、精巧かつ高解像度、再現可能な結果を得ることで実現します。測定機器を選ぶにあたり、品質管理チームが最も重視するのが精度です。

高速性は、最適化も処理も終わった状態で、お使いのCADソフトウェアにシームレスに統合できるリアルタイムメッシュを生成できることから実現しています。

携帯性を可能にしているのは、測定実行中に対象物と装置のいずれをも自由に動かすことができるダイナミックリファレンシングです。だからこそ、性能に何ら影響を及ぼすことなく、工場でも、品質管理ラボでも、レーストラックでも、3Dスキャンを行なうことができるのです。

表面調整を行う必要なく、表面仕上げ、大きさ、形状、複雑さに関係なく、様々な部品の測定が行えることが、汎用性に優れていることの証しです。

正確、高速かつ携帯性と汎用性に優れたスキャンソリューションを代表するのが、HandySCAN 3D、MetraSCAN 3Dといったメトロロジー・グレード(寸法検査レベル)の3Dスキャナーや、ソフトウェアプラットフォームのVXInspectやPolyWorksです。

特長:携帯性と汎用性に優れ、正確かつ高速の3Dスキャナーが、高性能スポーツバイクの性能を向上させ、ドライバーがレース全体でより良い走りを体感することを可能にします。

国際舞台での成功に加え、ドライバーが並外れたバイクの走りを味わう喜びこそが、このバイクメーカーの質の高さの最高の証しです。世界で最も過酷なレースで勝利を収めるのに欠かせない以下の特長は、3Dスキャン技術によってもたらされています。

  • より堅牢なバイク
    レース終了後または故障発生時にシャーシおよびスイングアームの摩耗分析と衝突分析を実施するため、エンジニアは、摩耗の原因を把握でき、特定の部品や場所で逸脱が発生した理由を探り当てることができます。3Dスキャナーで実施した試験だからこそ、その後の設計で改良を行い、より堅牢かつ摩耗や故障に強いバイクを組み立てられるのです。
  • より速く、より軽いバイク
    レース用スポーツバイクの組み立てには、厳しい精度が求められ、質の高い材料の選択と試験が必要な、複雑な形状の部品の設計と製作が欠かせません。3Dスキャナーを活用すれば、エンジニアや設計者は、不要な重量を減らしつつ、性能を向上させることができます。
  • その後の開発に生かせるデータを容易に追跡
    3Dスキャナーは、レーストラック上で、大きさも形状も複雑さも様々な部品に関するデータを素早く取り込めます。このため、品質管理担当者は、どんな部品も必要に応じて容易にスキャンし、それをSTLデータで保存の上、CADファイルと比較し、その後の設計で改良につなげることができます。

類似の用途

鋳・鍛造加工用品質検査

鋳・鍛造加工材の取扱いには様々な課題があり、製造業者は対応を迫られています。

自動車部品メーカーがより多くの情報に基づいてより多くの部品を迅速に検査し、生産性を向上させる方法

自動車業界において、車体を作り上げる部品は、シートメタルを打ち抜いて作られます。

弊社のソリューションについてより詳しくお知りになりたい場合

具体的な質問がある場合、専門家のアドバイスが必要な場合は、いつでもお気軽にお問い合わせください