By continuing to use the site you agree to our privacy and cookie policy.

OK

Creaform社のTRUaccuracy技術が自動車業界で採用されました。

2013年1月16日

2013年1月16日ラインフェルデン=エヒターディンゲン、ドイツ ポータブル3次元測定ソリューション及び3次元技術サービス最大手のCreaform社は、非接触型3次元測定システム及びプロービングシステムがドイツ、ミュンヘンにあるBMW社の工場に導入されたことを発表致します。

Creaform社の全てのシステムに導入されているTRUaccuracy技術は、今回のBMW社への導入の主な要因となりました。

2012年10月以来、BMW社のミュンヘン工場では、Handyscanラインナップの中から「EXAscan」(ポータブル3次元スキャナー)、「MetaSCAN 3D」(ポータブル光学式座標測定3次元スキャナー)、及び、「HandyPROBE」(ポータブル光学式アームレス座標測定機)を利用してきました。Creaform社のソリューションは、柔軟性、計測のスピード、正確性、簡便さ、そして、既存の構造にシームレスに統合することが出来る一貫性のあるパッケージとして選ばれました。今回の導入システムは、サプライヤーの部品、ボディの周辺及び車両全体を計測するために使われています。

Creaform社のシステムに統合された、ダイナミックレファレンシング(動的参照)や測定機による自動検知及びアライメントなどのTRUaccuracy技術により、車両を持ち上げたり、固定させたりすることなく測定や計測が出来るようになりました。また、測定や計測時における、機器の設置環境に存在する振動も精度の正確性に影響を及ぼしません。それにより、TRUaccuracy技術を利用した柔軟性の高いシステムは、測定や計測に係る時間とコストの節約に繋がり、高い生産性を可能にしました。

BMW社のミュンヘン工場と同様に、南アフリカのプレトリアにある、BMW社のロズリン工場においても、「HandyPROBE」(ポータブル光学式アームレス座標測定機)を2011年より使用しています。