By continuing to use the site you agree to our privacy and cookie policy.

I agree

Creaform、最新バージョンのVXmodelとVXinspectにより、 リバースエンジニアリングと寸法検査を前例のないレベルに強化

VXinspect_VXmodel_Software

2016年10月11日

最新のVXelements 5.1にシームレスに統合されたアプリケーションモジュールに

様々な新機能を搭載し、柔軟性の向上と測定性能を最適化

 

ポータブル3D測定ソリューションと3Dエンジニアリングサービスの分野で世界をリードするCreaformは、本日、後処理用scan-to-CADソフトウェアモジュールのVXmodelTMと、寸法検査ソフトウェアモジュールのVXinspectTMに複数の新機能を追加したことを発表しました。両製品は、CreaformのソフトウェアプラットフォームVXelementsTMに完全統合されており、優れた柔軟性と、SolidWorks®や新たにAutodesk® Inventor®を含むサードパーティCADソフトウェアとの統合を実現しました。

両モジュールでの主な追加機能は次のとおりです。

VXmodel:

  • Autodesk Inventorとの相互運用性:ボタンをクリックするだけで、VXmodelからAutodesk Inventorに直接データの転送ができ、CADソフトウェアユーザーはリバースエンジニアリング処理をスムーズに行えます。
  • アルゴリズムの最適化:テクスチャの有無や解像度の違いに関わらず、メッシュファイルを結合することができます。今回は、Go!SCAN 20TMおよびGo!SCAN 50TMのスキャンデータの結合が可能となりました。

VXinspect:

  • STL-STL比較:VXmodelからVXinspectへのデータの直接転送に加え、2つのメッシュデータの高度な位置合わせと比較を可能にします。
  • 主なワークフロー改善:CADを必要としないワークフローで、位置合わせの方法、全体的な見やすさ、GD&T、数値的に定義されている公称値など複数の機能に改善をしました。
  • 断面図エンティティ:2D断面から幾何学的エンティティを作成できます。
  • 品質管理機能の向上:同じポイントをスキャン可能とすることで、大量生産品の品質管理を向上します。

Creaformの製品マネージャーであるシモン・コーテ(Simon Côté)は、次のように述べています。「VXmodelとVXinspectに対する新しい改善によって、幅広い新機能を提供できるようになりました。これらの新機能を使って製造、リバースエンジニアリング、品質管理などの製造全般におけるワークフローの向上が提案できるようになりました。Creaform 3Dスキャナーの高性能な測定機能、汎用性、直観的な操作性、それに加えサードパーティCADソリューションとの統合を可能にしたことにより、この両ソフトウェアモジュールVXmodelとVXinspectは、真に業界を先導しています。このような強力な3D測定エコシステムは他に存在しません」

最新バージョンのVXmodelおよびVXinspectで、リバースエンジニアリングや寸法検査のワークフローがどのように最適化できるか、直接ご覧いただけます。こちらから登録して11月8日と10日に行われるウェビナーにご参加ください。