By continuing to use the site you agree to our privacy and cookie policy.

OK

IMTS2012(製造技術展2012)-クレアフォーム社がVXelements2.0を発表、そして新しいMetraSCAN3DとC-Linkの新機能を紹介します。

Improvement to rib scanning functionality

2012年9月6日

2012年9月6日 レヴィ、ケベック州、カナダ ‐ 3Dポータブル測定技術ソリューションにおいて業界最大手のクレアフォーム社(Creaform)は、一連のポータブル3次元測定機にて利用されるVXelementsのVersion2.0を来週発表いたします。

クレアフォーム社の3次元測定機は独自に開発し、進化させたソフトウェアアルゴリズムを使用することで、スキャンした表面データを再構築する際の品質を大幅に改善いたしました。

スマートな測定(intelligent measurement)をコンセプトに、クレアフォーム社の測定技術とソフトウェアは、高精度で、高密度な測定ポイントの取得をリアルタイムで実現します。

 

白色光、レーザー等他の全ての3次元スキャナーと比較をしても、クレアフォーム社の3次元   ポータブルスキャナーは、クラス最高位のサーフェス品質を実現し、高精度かつ高解像度のデータ取得が可能です。

結果、実際のスキャン対象物に最も近い3次元モデルをご提供することを可能としました。

 

どこでVXelementsq2.0のデモを見ることが出来るか?

9月10日から15日にシカゴで行われる製造技術展2012(International Manufacturing Technology Show 2012)のクレアフォーム社のブース(E-5647)にてVXelementsの性能の進化と特色がクレアフォーム社の3Dスキャナーと共に紹介されています。

さらにそしてアメリカでは初めてMetraSCAN 3Dの最新ラインナップ「optical CMM scanners」「C-Link functionality」も紹介致します。