航空宇宙

航空宇宙航空宇宙産業は、最も高い品質を要求される産業です。命が危険にさらされるため、品質をおろそかにできないからです。 Creaformは、その精度と信頼性を高く評価され、Boeing、Pratt & Whitney、Rolls Royce、CAEのような先進的な航空宇宙企業と協力し、次のような用途に使用できる3Dエンジニアリングサービスとポータブル3D測定装置を提供する企業として、実績ある信頼性の高い地位を確立しています。

  • 品質管理/検査
  • 航空力学/応力解析
  • OEMおよび従来の部品のリエンジニアリング
  • リバースエンジニアリング(組立/MRO、ガスタービン、機関室、ナセル、コックピット)
  • MROおよび損傷評価
  • プロトタイプ、加工、金型調整
  • 航空機のコンポーネントの設計およびエンジニアリングと組立
航空機に対する障害の評価

あられ・ひょうによるダメージの評価

航空機において、あられ・ひょうによるダメージの空気力学的な影響は複雑な要素であり、検証は困難です。しかしながら、正確に測定できるかどうかは、安全性を向上するうえで極めて重要な事項です。損傷の形状やサイズは、暴風雨の激しさによって変化します。したがって、損傷具合を分析する最も一般的な方法は、旅客機の表面で見つかった各くぼみの長さや幅、奥行きを幾何学的に測定する方法です。

詳細を読む

メンテナンス - MetraSCAN

メンテナンス - MetraSCAN 3D

反応装置とタービンは、通常、定期的なメンテナンスを受けなければならない高価で必須の装置です。 このような装置の高いコストは、ときには複雑な、劣化などの問題に対する修理を正当化します。 必要な修理を特定するには、摩耗による素材の曲がりやロスを正確に測定します。 そして、修理の準拠性を確認できます。

詳細を読む

工具のテストと調整

工具のテストと調整

新しい製造ラインの立ち上げ時には、期待される操業レベルを実現するために、予防保守の一環として、実際に製品がラインを流れる 前に 設計工具(成形金型、治具、ラック、プレスなど)を定期的に検査し、調整する必要があります。

詳細を読む

工具のテストと調整

工具のテストと調整

新しい製造ラインを立ち上げるとき、予防保守の作業のため、製造ドリフトの場合は、設計工具(成形金型、治具、フレーム、プレスなど)は、期待したレベルのパフォーマンスを実現するために定期的にテストおよび調整する必要があります。

詳細を読む

支援付き組立

支援付き組立

複雑で重要な組立を行うとき、十分なシミュレーションを実行するために、各コンポーネントの構築時に使用した条件を評価することが必須です。 このようなシミュレーションまたはバーチャル組立に基づいて、適切なデザイン調整、事前計算を行うことができ、新しい調整部品の必要性を判定できます。

詳細を読む

支援付き組立

支援付き組立

複雑で重要な製造プロセスでは、製造プロセスを通じていつでも各部品の相対的な位置を確認できることが重要です。

詳細を読む

測定対象物とCADデータの比較検査

測定対象物とCADデータの比較検査

製造ラインでは、すべての部品が三次元検査の対象になります。この検査には、系統的な手法かランダムサンプリングが使用されます。 一般に、航空宇宙分野では、品質管理が非常に広範にわたり、とりわけ自由形状や複雑な形状の場合は、比較ポイントの密なサンプリングが必要です。 測定対象物とCADデータの3D偏差は、カラーマップとユーザー定義比較ポイントを使用して、3Dスキャナーのすべての測定値に基づいて分析できます。 スキャナーの高密度データを使用することで、検査担当者は測定対象物のすべてのサーフェスの完全な検査を簡単に可視化してテキスト化することができます。

詳細を読む

航空宇宙におけるフェーズドアレイ(PA)検査の3Dモデリング

乗客の安全および機器の適切なメンテナンスを確立するためには、航空機の部品や構造における、衝撃による表面の損傷を検査する必要があります。航空機メーカーや航空会社は、航空タービン、エンジン室、積荷室、 コックピットなど、航空宇宙産業における複雑な部品を検査するという課題に直面しています。これらの部品すべては、非常に入り組んだ構造体の一部となっており、検査のために取り外すことはできません。

詳細を読む

製造コンプライアンスの検査

製造コンプライアンスの検査

製造ラインでは、すべての部品が三次元検査の対象になります。この検査には、系統的な手法か ランダムサンプリングが使用されます。 一般に、航空宇宙分野では、非常に広範な品質管理が要求されるため、それに伴い測定ポイント数も多数になります。

詳細を読む