製造

製造Creaformのポータブル3D測定技術は、測定対象物のある現場で最適に作動するように設計された精度と信頼性の高い測定装置を必要としているお客様の夢をかなえます。 弊社の測定装置は、TRUaccuracyテクノロジーに基づき、常に信頼性と精度の高い測定を実現します。 ダイナミックレファレンシングにより、測定対象物周囲の環境を考慮する必要がありません。振動、高温や気温の変動、ほこりなどの過酷な条件でも、測定装置の精度と速度はまったく影響を受けません。

さらに、Creaformは現実的で効率的な助言とサービスを提供して、製造プロセスの強化と製造コストの削減をお手伝いできます。 必要な場合には、弊社の技術者とエンジニアが御社の工場、組立ライン、生産ラインに直接赴きます。 弊社のテクノロジーとサービスは、次のことを支援します。

  • 検査/品質管理
  • 機械/工具の設計
  • 機械/工具の調整
  • 作業の指導
初回製品検査

初回製品検査

どのような製造プロセスの開発でも、最初に製造された部品の検査は必要不可欠です。一般には、プロトタイプを少量生産し、設計図やCADファイルと比較して検査することで、部品が正しい精度で製造されていることや、重大な欠陥の原因を正しく特定する必要があります 自由形状の部品は、従来の測定方法を使用して効率的かつ正確に測定できないため、検査が最も難しく、3Dのスキャニングソリューションを使用する必要があります。

詳細を読む

未加工の鋳造 / 鍛造の検査

未加工の鋳造 / 鍛造の検査

鋳造や鍛造では通常、未加工の部品はいくつかの重要な領域で機械加工されて、最終部品を取得します。 未加工の鋳造が機械加工するのに十分な材料を保持するように、寸法検査を実行することが可能です。 3Dスキャンでは、機械上に未加工の部品を配置して方向づけし、作業に十分な材料が供給されるようにすることが可能です。

詳細を読む

製品開発 - リフトシステム

製品開発 - リフトシステム

Nova Bus社のリフトシステムのモデリングと、この機械アセンブリのさまざまな部品のたわみと応力/歪みを特定するための有限要素解析の実施。

詳細を読む

製品開発 - 安全保護

製品開発 - 安全保護

プロジェクトの要件は、CSA Z432-04機械安全規制に適合するさまざまな保護装置の開発でした。 開発を実現し、その設計が従業員に受け入れるようにするため、弊社チームは、従業員や設備の生産エンジニアと会い、ブレインストーミングを行ってさまざまなソリューションを提案しました。 承認後、さまざまな保護装置の製造および組み立てプロセスを管理しました。 この種のプロジェクトを成功させるにはチームワークが必須です。

詳細を読む

製品開発 - 油圧テーブル

製品開発 - 油圧テーブル

Creaformでは、Ansysソフトウェアを用いて、可動部品アセンブリの応力および歪み解析を実施できます。 このテーブルで航空機の部品を持ち上げることで、組み立てが簡単になります。

詳細を読む

製品開発 - 組み立ておよび位置決め治具

製品開発 - 組み立ておよび位置決め治具

優れた設計の治具は目的の公差レベルで同じ組み立て工程の繰り返しに耐えます。 弊社がPrévost Car社向けに作成した治具では、組み立て時に部品を異なる複数の面に合わせて回転させることができます。 また、この設計により、作業者は作業時に疲れにくい姿勢で座ったり立ったりすることができます。

詳細を読む

製品開発 - 耐久性計測装置

製品開発 - 耐久性計測装置

CSA規格に準拠したチェーンソー切断耐久性を計測するためのテストベンチの設計と製造。 弊社チームは、規格を詳細に分析した上で、この完全自動テストベンチを設計しました。

詳細を読む

製品開発 - 電子計測装置

製品開発 - 電子計測装置

高精度部品を必要とする分野は、光学、電子工学、医薬など多岐にわたります。 優れた品質を確保するため、Avestor社は電子部品アセンブリラインで使用するためのダイアルゲージの開発を弊社に依頼しました。

詳細を読む

製品開発 - 電気デバイス

製品開発 - 電気デバイス

弊社のFEA、Ansysは、多くの電気部品モデルの負荷挙動の特定に役立ちます。

詳細を読む

鋳型や金型の設計または修正

鋳型や金型の設計または修正

製造業者がプレス加工、鋳造、プラスチック射出などの金型/鋳型製造方法を使用している場合、CADの形状に合わせにくい収縮、スプリングバック効果のような物理的現象への対応が必要になります。 3Dスキャンによる部品と工具の完全なサーフェス測定は、このような物理的現象が部品にどの程度影響をおよぼすかを評価する際に役立ちます。 3Dスキャンによって取得した結果は、工具の反復設計プロセス時に参考になり、鋳型/金型の形状と対応する製造済み部品を正確に監視することによって、設計変更回数を削減し、CADデータと完全に一致する部品を製造できます。 また、3Dスキャンは元の工具のリバースエンジニアリングにも有効なソリューションです。

詳細を読む