By continuing to use the site you agree to our privacy and cookie policy.

OK

3Dスキャナーによるリバースエンジニアリング - アフターマーケット

この業界に特有のニーズ

自動車のアフターマーケット分野では、メーカーの部品から寸法を抽出する必要があります。 このプロセスは、ボディやサスペンションキット、エンジンコンポーネントその他のチューニングパーツなどのカスタムパーツを設計するのに役立ちます。 このような場合、部品の一般的な寸法、特に取り付け位置を正確に定義する必要があります。 さらに、ボディキットなどのドレスアップパーツは、車に素晴らしい外観を与えるために、オリジナルのデザインとマッチしている必要があります。 リバースエンジニアリングでの重要な手順は、正しい組立フィーチャーを持つ新しいデザインを作成するために、元の部品の寸法を正確かつ効率的に取得し、得られたスキャンから必要な情報を抽出することです。

3Dスキャナーを活用したリバースエンジニアリング - アフターマーケット
3Dスキャナーを活用したリバースエンジニアリング - アフターマーケット
3Dスキャナーを活用したリバースエンジニアリング - アフターマーケット

HandySCAN 3Dソリューションの利点

リバースエンジニアリングでは、形状や複雑さがさまざまな部品で寸法の取得が必要となります。また取 得作業は、あらゆる種類の環境でおこなわれる可能性があります。 優れた携帯性により、HandySCAN 3Dは設計現場で直接、取得を実行できるだけでなく、顧客のサイ ト、製造作業現場、小規模な自動車車体工場でも取得を実行できます。

設計者は部品の機能的なデザインを再現することを望んでいるので、取得は正確でなければならず、部 品を製造するための新しい参照モデルを再現するのに必要なすべての情報を提供する必要があります。 HandySCAN 3Dは完全で正確なメッシュモデルを提供します。

HandySCAN 3Dソリューションは、従来の測定方法と比較して時間を大幅に節約することが可能です。 リ バースエンジニアリングプロセスに必要な寸法が短時間で測定できるので、設計者がすぐに作業を始める ことができます。

類似の用途

3Dスキャナーを活用した産業装置の部品と付属品の開発

農業、建設業、鉱業用の装置の部品と付属品を開発する場合、設計者は車両や装置の寸法を測る必要があります。 ぴったりと合い、高性能を確保するために、寸法には正確性が要求されるだけでなく、ありとあらゆる部分の寸法が必要になります。 実際、設計者はすべての組立フィーチャー、アセンブリ内に見つかる元の部品の寸法、および部品のアセンブリと新しい設計の間で発生し得る問題に関心を持ちます。 3Dスキャンではすべての部品とその相対位置の精密な3D測定が実行され、設計者が正しい組立フィーチャーと寸法で新しい設計を行うのを大いに支援します。 複数のモデルにフィットする柔軟性のある部品や付属品を開発する場合には、さまざまな装置の多数のスキャンを設計に統合することもできます。

オンロードおよびオフロードの高性能スポーツバイクの設計と開発

最先端の技術を使った人間工学的測定および空気力学的測定なしに、ドライバーがスリリングな走りを味わえる高性能バイクを設計することなど不可能です。

3Dスキャナーによるリバースエンジニアリング – 新しい製品のデザイン

リバースエンジニアリングは、設計時に出発点として、実物部品を使用して既存の設計を分析・再現するプロセスです。 新 しい製品の設計プロセスの間、クレイモデルやさまざまな種類のプロトタイプがコンセプトデザインのテスト、評価、および検証 のために作成されます。 このプロセスは通常、反復的であり、元のデザインに対して数回の修正を必要とします。 そのような 理由から、リバースエンジニアリングは、ハンドメイドのモデル、クレイモデル、プロトタイプ、特に自由形状のものから寸法を抽 出するための重要なソリューションになる場合があります。 新しい製品のデザインにフィーチャーのいくつかを採用するために、 既存のオブジェクトの3Dジオメトリを取得することもできます。 それに加えて、3Dスキャニングソリューションは、さまざまな設計 反復を文書化および記録するための強力なツールも提供できます。

弊社のソリューションについてより詳しくお知りになりたい場合

具体的な質問がある場合、専門家のアドバイスが必要な場合は、いつでもお気軽にお問い合わせください。