製造

記事を見る

製造企業はなぜ自動化へと向かうのか

自動化とは、テクノロジーの活用によって人の介入を最小限に抑えて部品を製造・出荷することです。

記事を見る

記事を見る

3Dスキャナー:プロ向けの購入ガイド

3Dレーザー・スキャナーは、目下、注目を集めています。3Dレーザー・スキャナーは、2021~2026年にかけ、CAGR(年平均成長率)7.5%で拡大すると複数の報告書で予測される市場を持つ先端技術です。3Dレーザー・スキャナー市場は2030年には166億6000ドルに達する可能性があることを示唆する研究もあります。

記事を見る
MetraSCAN 3Dによるスキャン作業は簡易で入社数か月の社員でも実施ができる

記事を見る

酒井木型製作所、3Dスキャンによる新アプローチで寸法検査の効率アップ

高速・高精度の 3D スキャナーにより、手間と時間のかかる木…

記事を見る

記事を見る

ヒュンダイ・ノース・アメリカ、3Dスキャナーを製品開発と設計に活用

HandySCAN 3Dを活用し、リアルタイムのデザイン・ワ…

記事を見る

記事を見る

3Dスキャナーによる光沢のあるダークカラー・プラスチック部品の デジタルデータ化

NIFCO Germany GmbHは、自動車産業向け内装部品の開発と製造を行っています。NIFCO社製の部品は、複数の世界有数の自動車メーカーで使用されています。

記事を見る

記事を見る

金属部品の3Dプリンティングに活かされる3Dスキャンのスピードと汎用性、精度

Lincoln Electric Additive Solutions社は、大型部品を移動させることなく素早く正確に測定する手段としてCreaformのMetraSCAN 3Dを選んだ。

記事を見る

記事を見る

3Dメトロロジーソリューションで複雑な航空宇宙部品を検査

この10年で航空宇宙産業の品質管理ワークフローは格段の進歩を遂げたものの、より複雑な部品の開発、ますます厳しくなる許容差、生産性向上を求める市場の圧力により、検査の効率性に関わる課題は依然残ったままです。

記事を見る