By continuing to use the site you agree to our privacy and cookie policy.

I agree

3Dスキャナーを活用したパイプラインのインライン検査

この業界に特有のニーズ

パイプラインの運用会社は常に、公共の安全を保証するため義務付けられた検査の実施と、掘削した箇所が結局は修理が不要な場合の経済的影響との板挟みに悩まされています。 直接評価技法は、インライン検査ツールからの測定値を確認するために用いられています。 これらのツールは必ずしも正確ではなく、再校正が必要な場合もあります。 点検サービスの会社は、ツールの性能品質を保証するために、ILIベンダーとピットゲージ(またはその他の直接評価ツール)間のデータの相関に多大な時間を費やしています。 ILIツールの性能を的確に評価するため、パイプライン運用会社は漏洩磁束(MFL)方式よりも精度の高い装置を使用して、前年比の統計的に有意な母集団分析を実施しなければなりません。

Pipecheckソリューションの利点

Creaformは、HandySCAN 3Dで取得したデータとのインライン検査相関を実施するための視覚化インターフェイスを実装しました。 Pipecheckソフトウェアソリューションによって、HandySCAN 3Dでスキャンした腐食とくぼみの形状をILIツールで特定したものと関連付けることが可能になります。 関連付けは形状が重複している場合に自動作成され、カスタム関連付けも計算できます。 Pipecheckソフトウェアは、これらの関連付けの詳細を示す視覚的なグラフィックスや表を含んだExcelレポートを出力します。 このソフトウェアはさらに、明らかに不一致の形状も特定します。 ユーザーインターフェイスは、深度長さおよびバースト圧まで比較するよう最適化されています。 HandySCAN 3Dを搭載したPipecheckソリューションは、市販の直接評価ツールの中でも最高の効率性、信頼性、精度を提供します。