By continuing to use the site you agree to our privacy and cookie policy.

I agree

3Dスキャンによるリバースエンジニアリング - 車体のデザイン

3Dスキャナーを活用したリバースエンジニアリング 車体の開発

この業界に特有のニーズ

リバースエンジニアリングは、設計時に出発点として、実物部品やモックアップを使用して既存の設計を分析・再現するプロセスで す。 これは、スーパーカーなどのハンドメイドのモデル、製造が中止された部品、または3Dモデル参照なしで作成された古いデザイ ン(レアモデルやプロトタイプ)から設計意図を抽出しようとするときに真に重要になります。 ここでの主な目標は、モデルの機能デザ インに合致する3Dモデル(通常、外観モデルや空力モデル)を作成することでしょう。 自動車のボディは通常自由形状をしています が、その形状を正確かつ効率的に取得し、スキャンしたデータからオリジナルの意図通りのモデルを再現すること、つまりオリジナルの ボディ形状を余すところなく再現したCADデータを作成することは、リバースエンジニアリングにおける重要なステップです。

HandySCAN 3Dソリューションの利点

リバースエンジニアリングでは、形状や複雑さがさまざまな部品で寸法の取得が必要となります。また取 得作業は、あらゆる種類の環境でおこなわれる可能性があります。 優れた携帯性により、HandySCAN 3Dは設計現場で直接、取得を実行できるだけでなく、顧客のサイト、製造作業現場、小規模な自動 車車体工場でも取得を実行できます。

設計者は部品の機能的なデザインを再現することを望んでいるので、取得は正確でなければならず、 部品を製造するための新しい参照モデルを再現する(つまり、プレスダイ、工具、ブラケット、組立の図面 などを作成する)のに必要なすべての情報を提供する必要があります。HandySCAN 3Dは完全で正確 なメッシュモデルを提供します。

HandySCAN 3Dソリューションは、従来の測定方法と比較して時間を大幅に節約することが可能です。 リバースエンジニアリングプロセスに必要な寸法が短時間で測定できるので、設計者がすぐに作業を始めることができます。
 

faureciaHondaHTT
Renault