3Dスキャン

hydro central picture Voith

記事を見る

ガイドベーン(発電用大型構造部品)の3Dスキャニングを利用したリバース・エンジニアリング

Voith Hydro GmbH & Co. KGは、HandySCAN 3DスキャナーとMaxSHOT 3Dを使って、CADデータのない水力発電所の部品をデジタル化しています。

記事を見る
治具上のシートメタルをMetraSCAN 3DスキャナーとC-Trackでスキャンする作業員

記事を見る

3Dスキャナーを活用した製造工程の欠陥検出の効率化

不良のない部品を作る工程には困難が伴います。たとえ金型や打ち抜き型、治具をCADモデルに従って製作したとしても、製造欠陥は、製造工程のどの段階でも起こり得ます。何らかの現象が金型に影響を及ぼし、部品に問題や欠陥を引き起こす場合もあります。

記事を見る

記事を見る

製造企業はなぜ自動化へと向かうのか

自動化とは、テクノロジーの活用によって人の介入を最小限に抑えて部品を製造・出荷することです。

記事を見る
革新的な大学の研究室で3Dスキャンを学ぶ2人の教師と2人の学生

記事を見る

学生達がインダストリー4.0に向けて備えるために

将来の雇用市場の需要に対応し、インダストリー4.0の時代に成功するために必要なスキルを、学生が確実に身につけるために備えるためのトピックスをご紹介します。

記事を見る

記事を見る

3Dスキャナーによる初回製品検査を改善、最適化、効率化する方法

初回品検査(FAI)は、製造工程の重要なステップです。品質管理(QC)チームは、設計・製造間で何度もやり取りを行わずに済むよう、FAIを最適化する必要があります。QCチームに求められるのは、欠陥を正しく特定するだけでなく、特定した問題の解決に必要な関連データ、測定値や結果を提示することです。

記事を見る
A man performing a scan with the MetraSCAN 3D on a large 3D printed part

記事を見る

3Dスキャニング技術の活用、リバースエンジニアリングの未来

積層造形、ラピッド・プロトタイピング、仮想化などの最新のトレンドがリバース・エンジニアリングのこれからをどのように方向付けているかを紹介します。

記事を見る

記事を見る

最適な3Dスキャナーとは?

3Dスキャナーの購入担当になったものの、何から探せばいいのかわからない。3Dスキャンについては知っているものの、十分な情報を得た上でスキャナーを選択するほどの知識はもっていない。

記事を見る

記事を見る

CADのための3Dスキャナー:最適な3DスキャナーとSCAN-TO-CADソフトウェア

コンピュータ支援設計(CAD)とは、コンピュータの力を借りて、設計の作成や変更、最適化を行うことです。設計者やエンジニアは、CADソフトウェアを使って形を作り上げ、そこに、部品製作の最終目標である機能を付け加えるのです。

記事を見る

記事を見る

3Dスキャナー:プロ向けの購入ガイド

3Dレーザー・スキャナーは、目下、注目を集めています。3Dレーザー・スキャナーは、2021~2026年にかけ、CAGR(年平均成長率)7.5%で拡大すると複数の報告書で予測される市場を持つ先端技術です。3Dレーザー・スキャナー市場は2030年には166億6000ドルに達する可能性があることを示唆する研究もあります。

記事を見る

記事を見る

3Dスキャンによる検査:3Dスキャナーは賢い選択肢か?

品質管理は、製造した部品が明確な品質基準や顧客要件に適合しているかを確認するプロセスと定義されます。一般的に、品質管理では、部品の様々な特徴を測定、確認、試験および検査して、CADモデルなどの基準や仕様と照らし合わせ、適合性を判断します。

記事を見る
MetraSCAN 3Dによるスキャン作業は簡易で入社数か月の社員でも実施ができる

記事を見る

酒井木型製作所、3Dスキャンによる新アプローチで寸法検査の効率アップ

高速・高精度の 3D スキャナーにより、手間と時間のかかる木…

記事を見る

記事を見る

ヒュンダイ・ノース・アメリカ、3Dスキャナーを製品開発と設計に活用

HandySCAN 3Dを活用し、リアルタイムのデザイン・ワ…

記事を見る

記事を見る

3Dスキャナーによる光沢のあるダークカラー・プラスチック部品の デジタルデータ化

NIFCO Germany GmbHは、自動車産業向け内装部品の開発と製造を行っています。NIFCO社製の部品は、複数の世界有数の自動車メーカーで使用されています。

記事を見る

記事を見る

金属部品の3Dプリンティングに活かされる3Dスキャンのスピードと汎用性、精度

Lincoln Electric Additive Solutions社は、大型部品を移動させることなく素早く正確に測定する手段としてCreaformのMetraSCAN 3Dを選んだ。

記事を見る

記事を見る

福祉車両の設計を支える3Dスキャナー

Paravan社は、すでに数年前からCreaformの3D測定技術を使用しています。最近では、自社の測定技術ポートフォリオにGo!SCAN SPARK白色光スキャナーを追加しました。

記事を見る

記事を見る

大型部品の検査するための3Dメトロロジーソリューションを購入する際に考慮すべき3つのポイント

オーストリアのメーカーであるアンドリッツなど、航空宇宙、運輸、発電業界の多くのメーカーは、2〜10メートル、さらにはそれ以上の大きさの大型部品の品質管理検査を実施する必要があります。

記事を見る

記事を見る

ガイドベーン(発電用大型構造部品)の3Dスキャニングを利用したリバース・エンジニアリング

Voith Hydro GmbH & Co. KGは、HandySCAN 3DスキャナーとMaxSHOT 3Dを使って、CADデータのない水力発電所の部品をデジタル化しています。

記事を見る