技術仕様

HandySCAN 3D ラインアップは、メトロロジー・グレード (工業用寸法検査レベル)のポータブル3Dスキャナーの業界標準としてその名を知られ、優れた信頼性を誇る、 実証済みの技術として広く認められています。 HandySCAN 3Dシリーズとしての特徴も兼ね備えたMAXシリーズは、表面処理を一切行うことなく、大型で複雑な対象物の極めて正確な3D測定が行えるよう最適化されています。 

技術仕様

技術仕様

メトロロジー・グレード用途に、優れた精度、高い簡便性と携帯性、最速の測定速度をもたらす革新的テクノロジーです。

    HandySCAN MAX™ HandySCAN MAX™|Elite
   
精度(1) 0.150 mm
(0.0059 in)
0.075 mm
(0.0030 in)
容積精度(2)
(対象物のサイズに基づく)
0.200 mm + 0.030 mm/m 0.100 mm + 0.015 mm/m
(0.5 m離れた距離での)測定性能 ピン 2.50 mm
3.50 mm
段差 0.04 mm
2.00 mm
測定解像度 0.04 mm
メッシュ解像度 0.4 mm
測定速度 2 250 000 meas/s
光源 38本のブルーレーザー線
レーザークラス 2M
(目に安全なレベル)
スキャンエリア能力(作動距離1000mm時) 1 x 1 m
測定範囲 0.45 to 1.60 m 0.30 to 2.50 m
被写界深度 1.15 m 2.20 m
測定対象物サイズ範囲 (推奨) 1–10 m 1–15 m
ソフトウェア VXelements
出力形式 .dae, .fbx, .ma, .obj, .ply, .stl, .txt, .wrl, .x3d, .x3dz, .zpr, .3mf
互換性のあるソフトウェア(4) 3D Systems (Geomagic® Solutions), InnovMetric Software (PolyWorks), Metrologic Group (Metrolog X4), New River Kinematics (Spatial Analyzer), Verisurf, Dassault Systèmes (CATIA V5, SOLIDWORKS), PTC (Creo), Siemens (NX, Solid Edge), Autodesk (Inventor, PowerINSPECT)
重量 1.22 kg
寸法(LxWxH)
(LxWxH)
133 x 79 x 435 mm
接続規格 1 X USB 3.0
動作温度範囲 5-40 °C
動作湿度範囲
(結露なし)
10-90%
認定 EC規格に適合(Electromagnetic Compatibility Directive, Low Voltage Directive)、充電可能なバッテリー(該当する場合)、IP50、WEEEと互換性あり
特許 CA 2,600,926, US 7,912,673, CA 2,656,163, EP (FR, UK, DE) 1,877,726, AU 2006222458, US 8,032,327, JP 4,871,352, US 8,140,295, EP (FR, UK, DE) 2,278,271, EP (FR, UK, DE) 2,230,482, IN 266,573, US 7,487,063, CA 2,529,044, EP (FR, UK, DE) 3,102,908, US 10,271,039, JP 6,596,433, CA 2,938,104, KR 10-2424135

(1) HandySCAN MAXおよびHandySCAN MAX|ELITE(ISO 17025認定済み):VDI/VDE 2634パート3規格に基づいています。プロービング・エラーは、追跡可能な球体アーティファ クトで直径を測定することで評価され、0.6~1.2 m離れた距離で得られた結果です。

(2) HandySCAN MAXおよびHandySCAN MAX|ELITE(ISO 17025認定済み):VDI/VDE 2634パート3規格に基づいています。球体間隔エラーは、動作容積内の異なる位置および方向で、長さが追跡可能なアーティファクトを測定して評価されます。0.6~1.2 m離れた距離で、容積精度を最適化した、統合された写真測量(フォトグラメトリー)を用いて得られた結果です。システムの容積精度が、選択したシステムとモデルのデフォルト容積精度を超えることはありません。

(3) MaxSHOT 3Dを使用した場合の容積精度は、組合わせる機器の最大精度を越えることは有りません。

(4) メッシュおよび点群のインポートにより、すべての主要な計測、CAD、およびコンピュータグラフィックソフトウェアとの互換性もあります。

サポート、修理、校正を行う、世界各地の3Dメトロロジーセンター

Creaformのセンターは世界中にあり、 以下のサービス*を多言語でご提供しています。

  • ソフトウェアおよびハードウェアのテクニカルサポートのヘルプライン
  • 3Dスキャナーの基本的な修理と高度な修理
  • 機器のメンテナンスおよび調整
  • 貸与サービス
  • 3Dスキャナーの部品交換
  • 部品の販売
  • 保証の更新

* サービスの内容は、3Dメトロロジーセンターによって異なります

ぜひお問い合わせください
HandySCAN 3D MAX
HandySCAN 3D MAX CAD
3Dスキャナーの厳密な製造プロセス

3Dスキャナーの厳密な製造プロセス

Creaformは、国際的に認知されたISO 9001およびISO 17025認証基準に従った高度な品質管理を行って、HandySCAN 3Dスキャナーの設計・製造・校正を行っています。

HandySCAN 3D|Maxシリーズの受入試験は、国際規格へのトレーサビリティを保証するためにISO 17025の認定を受けたVDI/VDE 2635 part 3に基づいています。

スキャナーにはそれぞれに、個別の証明書と全検査結果をまとめた文書が付属します。

メトロロジーの国際高品質規格

Creaformにおいては、製品品質とサービス品質を最優先にしております。ポータブル3D測定のパイオニア企業として、Creaformは、革新的ソリューションを開発してお客様が求める以上のものをご提供することをモットーとしています。また、プロセスの向上、新たな業界基準の設定、お客様に完全にご満足いただくことに常に力を注いでいます。

 

HandySCAN 3D|MAX Series スキャナーについてより詳しくお知りになりたい場合

Creaform担当者までお問い合わせください。お客様のニーズに合った最適なソリューションをご提案します。

ぜひお問い合わせください。