By continuing to use the site you agree to our privacy and cookie policy.

I agree

3Dスキャナーを活用した頭蓋骨矯正用の装具の制作

この業界に特有のニーズ

生後数ヵ月のうちに、不幸にも頭の一部が扁平になる斜頭症になってしまう子供がいます。 この症状は一般的には良性と見なされますが、乳児のうちにすぐに治療しなければ一生治りません。 症状を改善するためには、技術者が装具を作成して、乳児の頭を徐々に矯正して元のあるべき形状に戻す必要があります。 その際には正確な3D測定データを取得して、頭蓋矯正用の装具のカスタム鋳造に使用できるように、乳児の頭を測定する必要があります。 乳児はこの装具を毎日長時間装着しなければならず、治療中は矯正の進捗状況が監視され、必要に応じて修正措置が取られます。

HandySCAN 3Dソリューションの利点

HandySCAN 3Dテクノロジーを使用して乳児の頭の形を取得することによって、臨床医はシンプルで使いやすく、高速、正確な3Dモデル作成ソリューションを使用できます。 スキャン方式の採用は、幼い子供にとってトラウマとなり得る技法である型を取るための石膏の使用を避けることにもなります。

また、生成された3Dデータファイルはインターネット経由で簡単かつ安全に転送できるため、遠隔地にあるクリニックが装具の製作に最適な1つの場所にファイルを送付すれば、CNCマシンなどを最大限に活用できます。 取得した3Dデータは将来使用できるようにハードドライブにも保存でき、倉庫を使用しなくて済みます。

3Dデータを使用すると、プロセス中に取得した3Dデータを比較でき、臨床医の分析能力も向上します。