By continuing to use the site you agree to our privacy and cookie policy.

OK

3Dスキャナーによる製造ラインのコンプライアンス検証

HandyPROBEソリューションの利点

製造ラインでは、すべての部品が3D検査の対象になります。この検査には、系統的な手法か ランダムサンプリングが使用され ます。 通常、検査の対象となるのは一部の重要なフィーチャーだけです。

3Dスキャナーを活用した製造ラインのコンプライアンスの検証
3Dスキャナーを活用した製造ラインのコンプライアンスの検証

HandyPROBEソリューションによる大幅な時間の節約:

動的参照システムと携帯性の組み合わせにより、システムを任意の場所に移動して操作することができま す。 さらに、システムには耐久性や信頼性に影響する小さな機械部品はありません。 このため、制約のあ る環境(コンクリート工場、鋳物工場など)に最適です。

HandyPROBEソリューションによる大幅な時間の節約:

  • 部品を計測施設に移動する必要のないオンサイト検査
  • 動的調整により、信頼性の向上と手順の自動化または簡略化を実現
  • 従来の検査ツールで一般的な、長いプログラミング手順が不要

リフレクタのマグネット式サポートは、特に板金部品に適合し、 高価で面倒な装置で固定することなく配置 を維持することが可能です。 HandyPROBEは、 スチール、鋳鉄、コンクリート、プラスチックなどのすべての 種類の部品や素材に使用できます。

類似の用途

鋳・鍛造加工用品質検査

鋳・鍛造加工材の取扱いには様々な課題があり、製造業者は対応を迫られています。

自動車部品メーカーがより多くの情報に基づいてより多くの部品を迅速に検査し、生産性を向上させる方法

自動車業界において、車体を作り上げる部品は、シートメタルを打ち抜いて作られます。

オンロードおよびオフロードのスポーツバイクの組み立てと試験

高性能のバイクの組み立てには、最先端の技術を用いて検査した、スリリングな走りを実現する、レースで実証済みの部品が必要です。

弊社のソリューションについてより詳しくお知りになりたい場合

具体的な質問がある場合、専門家のアドバイスが必要な場合は、いつでもお気軽にお問い合わせください。