By continuing to use the site you agree to our privacy and cookie policy.

OK

鋳・鍛造加工用品質検査

画像:鋳・鍛造加工現場

 

課題:鋳・鍛造加工材の充填量や供給量が十分であることをどう確保するか?

鋳・鍛造加工材の取扱いには様々な課題があり、製造業者は対応を迫られています。例えば、湯回りや鍛材供給量が不十分なまま加工すれば、顧客の要求を満たさない鋳・鍛造部品が出来上がってしまうことになります。不適合部品が顧客の元に届くようなことになれば、深刻な問題を引き起こし、金銭問題や訴訟問題にまで発展しかねません。そういった事態の懸念から、顧客からは、各部品の品質検査報告書の提出を求められます。溶湯注入部の寸法検査が行えれば、調整や向きを変えることで、加工に十分な充填量を確保できるようになります。

充填量や供給量が不十分なための鋳・鍛造欠陥品をどう特定するか。

製造業者は、問題のある可能性のある鋳・鍛造部品を特定するための、加工前後に実施する工程間検査の有用性を認識しています。加工前検査では、寸法を測定し、特定の対象面に十分な量の材料が行き渡っているかを検証できます。加工後検査では、鋳・鍛造部品の全体像を確認し、表面全体の検査を行います。当然ながら、加工前後の検査の目的は、公差寸法を満たす部品を製造することにあります。

離散点ではなく、部品表面全体の形状が公差寸法内に収まっていることをどう確認するか。

鋳・鍛造部品の検査では、どのような生産環境であっても、形状や複雑さも様々な部品の寸法を測定する必要があります。光学技術を用いることで、表面調整を行うことなく、より多くの情報を得ながら鋳・鍛造部品の管理が行えるようになります。検査部品の部分しか捉えられないタッチプローブとは違い、3Dスキャンは全体を捉えることができるのです。3Dスキャナーは、表面形状の分析を行って、加工に十分な湯回りが確保されているかどうかを検証できます。

検査時間の短縮と不良品に関連する生産コストの削減をどう実現するか。

3Dスキャナーを活用すれば、寸法測定値を評価することで、公差寸法を満たさない部品を容易に特定できるようになります。すなわち、溶湯を流し込んだ段階で部品の合否を判定でき、費用と時間を節約できるということです。このように迅速な検証を行うことで、非適合の鋳・鍛造部品が劇的に激減、時には完全に排除できるため、時間と費用を節約できるのです。

ソリューション:高速かつ携帯性、簡便性および汎用性に優れた検査用3Dツール

光学測定技術は、加工の前後に鋳・鍛造部品を測定、検査、検証できる、高速かつ高効率、携帯性および簡便性に優れた機器を製造業者にもたらしました。

部品生産現場に測定ツールをそのまま持ち込める携帯性。ポータブル3Dスキャナーなら、鋳・鍛造部品を座標測定機(CMM)のある場所へ持っていく必要はなくなります。貴重な時間を節約でき、より多くの検査を行えるようになるのです。

シンプルなデジタルGo/No-Go機能を備えたハンディタイプ3Dスキャナーの簡便性。この簡便性により、充填量や供給量が不十分な加工前の鋳・鍛造部品や、加工後に公差寸法を満たさない不合格部品として容易に特定できます。これにより、早い段階で合否の判定ができるフィードバックを得られ、無駄を省くことができます。

光学技術によって検査時間短縮を実現する高速性。インスタントメッシュが生成されるため、検査員はノートPCやタブレットの画面を見るだけで表面の測定寸法を確認できます。したがって、従来の測定装置よりはるかに速く寸法偏差の検証を行えます。これにより、CMM測定の時間を省いてボトルネックの問題を解消でき、最終的に、CMMを買い足す必要もなくなります。

鋳物工場内で即部品の測定が行えるだけでなく、客先や顧客の生産現場、サプライヤーの工場でも測定が可能な3Dスキャナーの汎用性。さらに、表面調整を行う必要なく、大きさ、形状、表面仕上げ、複雑さに関係なく、様々な部品の測定が行えます。

特長:短時間、低コストで高品質を実現する3Dスキャナー

光学測定技術を用いることで、製造業者は、不良品に関連するコストを削減してより高品質の部品を生産できるようになり、さらに、検査時間の短縮も実現しています。

  • 高品質部品
    加工前後に実施する工程間検査を行うことで、重要部位の充填量や供給量の不足、CADファイルとの不適合といった問題がある可能性のある鋳・鍛造部品を明確に特定できます。これにより、顧客の仕様を満たし、公差寸法内に収まった、高品質の部品を生産できます。
  • 生産コスト削減
    ポータブル3Dスキャナーで加工前後に鋳・鍛造部品を検査することにより、充填量や供給量が不十分な部品を早い段階で特定できます。このため、不良部品にそれ以上時間をかけることなく変更や再加工が行えるようになり、生産コストを削減できます。
  • 検査時間短縮
    1秒間に500,000測定値という測定速度により、わずか数秒で表面全体の検査が可能です。また、部品を測定ラボに持ち込んで検査する必要もなくなります。したがって、ポータブル3Dスキャナーで行う検査は、より多くの部品を高速で行って詳細なデータが得られるだけでなく、CMM測定に費やしていた時間を、最終検査などの、より重要な価値ある作業に充てられるようになるのです。

 

光学測定機器により、充填量や供給量が十分な状態で鋳・鍛造部品の加工が行え、検査基準を満たす最終部品に仕上げることができます。

すなわち、3Dスキャナーによってより多くの情報が得られ、より多くの鋳・鍛造部品をより迅速に検査できるようになるのです。結果として、CMM測定に費やしていた貴重な時間を、顧客が求める最終報告書の作成に充てられるようになります。3Dスキャナーの活用によって、従来のCMMは必要なくなるため、ボトルネックの問題が解消され、さらにCMMを買い足す必要もなくなります。3Dスキャナーによって、CMM測定に費やしていた、製造業者にとって貴重な時間を省けるようになるだけでなく、検査時間や不良部品に関連する生産コストも最小限に抑えられるようになり、最終的に、高品質の部品を生み出すことができるようになります。

類似の用途

自動車部品メーカーがより多くの情報に基づいてより多くの部品を迅速に検査し、生産性を向上させる方法

自動車業界において、車体を作り上げる部品は、シートメタルを打ち抜いて作られます。

オンロードおよびオフロードのスポーツバイクの組み立てと試験

高性能のバイクの組み立てには、最先端の技術を用いて検査した、スリリングな走りを実現する、レースで実証済みの部品が必要です。

弊社のソリューションについてより詳しくお知りになりたい場合

具体的な質問がある場合、専門家のアドバイスが必要な場合は、いつでもお気軽にお問い合わせください。